Unity BIM Importerをリリース決定

建築用データを手軽にUnityへ取り込み可能に、VR / MRなどの分野で活用を期待

description マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、建築において3Dモデルをベースとした情報構築システムであるBIM(Building Information Modeling)BIMデータを直接的にUnityに取り込み展開する機能Unity BIM Importerのリリースを決定いたしました。
詳細につきましては、は2018年5月9日に行われるUnite Tokyo 2018 での講演「Unity BIM Importer ~BIMデータの活用事例と新しいソリューション~」にて発表を予定しております。

BIMとは
Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)の略称で、3次元の建物モデルデータに、素材、コスト、組み立て工程などの時間を入れ込み管理するワークフローです。

Unity BIM Importerとは
膨大なデータとなるBIMデータをスムーズにUnityで読み込むことが可能です。これにより、BIMデータの引き渡しの工数を大幅に削減することができます。 Unity BIM Importerの詳細、及びダウンロードページは下記講演にて発表を予定しています。

講演情報
講演名:Unity BIM Importer ~BIMデータの活用事例と新しいソリューション~ 講演概要:Unity BIM Importerの活用方法をはじめ、開発紹介、利用方法に関する詳細をご紹介します。
講演日時:5月9日(水)9時40分~
※講演日時は変更となる可能性がございます。ご了承ください。

Unity BIM Importer開発情報
販売:ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社
開発:株式会社ディックス

開発関係者とユーザーによるインタビューを公開
description

Unity BIM Importerリリースに先駆け、開発者、及びユーザーを交えてのインタビューを行いました。Unity BIM Importerが誕生した経緯、Unity BIM Importerのリリースによって、どのような問題を解決するかを紹介しております。
建設・建設業界の方、またBIMデータを活用してVRやARなどの3Dコンテンツを開発される方はぜひご一読ください。

開発者、及びユーザーインタビュー:『Unity BIM Importer と広げる新たな建築の世界』
http://events.unity3d.jp/unitetokyo2018/interview/bim.html


Unite Tokyoとは

Unite Tokyo 2018は、Unityユーザーのためのテクニカルな講演やブース出展が数多く行われる、国内最大のUnityカンファレンスイベントです。Unity本社からゲームエンジンを開発している精鋭スタッフも来日し、Unityの最新機能解説をはじめ様々な講演が行われます。

description 前回Unite 2017 Tokyoのイベント会場の様子

Unite Tokyo 2018公式サイト
http://events.unity3d.jp/unitetokyo2018/index.html

開催日程(予定)
2018年5月7日(月)18:00-20:00:基調講演、関係者懇親会
2018年5月8日(火)10:00-20:00:カンファレンス、参加者懇親会
2018年5月9日(水)10:00-20:00:カンファレンス


開催概要


開催日時
メインカンファレンス:2018年 5月7日(月) ~9日(水)
トレーニングデイ:2018年4月21日(土)

来場者数
3日間で延べ6,000名規模

会場
東京国際フォーラム(JR有楽町駅から徒歩1分)
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1

チケットのご購入はWebまたはUnity Meetupアプリから
https://meetup.unity3d.jp/jp/event/624


※Unity および関連の製品名は Unity Technologies またはその子会社の商標です。


広報連絡先
ユニティ·テクノロジーズ·ジャパン合同会社
〒107-6012 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビルE12階
TEL:03-5468-9914

広報 / PR担当:松井悠 pr@unity3d.co.jp