Unityの検索機能

Unity での 2D/3D ゲームの作成

Unity ゲームエンジンを使うと、2D コンテンツと 3D コンテンツを別々に作成したり、同じプロジェクトで 2D 要素と 3D 要素を使用してこれらの要素を 2.5D で組み合わせたりできます。主な違いは、シーン内で使用するオブジェクトの種類や使用しているカメラの種類にあります。

2D/3D ゲーム向けのエンドツーエンドのツールセットとインタラクティブなコンテンツ

Unity で各種の 2D/3D ゲームを制作するためのプロフェッショナルなツールセットを利用したり、アセットの最大のマーケットプレイスにアクセスしたり、クリエイターのコミュニティとつながったりするなど、何をするのも完全にあなたの自由です。

Unity で新しいプロジェクトを開くと、2D と 3D のどちらかを選ぶことができますが、設定したモードにかかわらず、いつでも 2D/3D を切り替えることができます。(詳細についてはUnity の 2D/3D モード設定を参照してください)).

unity-editor-2D-3D-project

最初に 2D/3D モードを選択すると、画像をテクスチャとスプライトのどちらの形式でインポートするか、カメラを正投影と透視投影のどちらにするかなど、Unity の一部の設定が決まります。2D モードと 3D モードのどちらで制作したらよいかよくわからない方のために、参考までに以下に違いをいくつか紹介します。

2D ゲームと 3D ゲームの主な相違点

2D の特徴

2D ゲームでは、Sprite (スプライト) と呼ばれる平らなグラフィックスが使用され、三次元ジオメトリは使用されません。Sprite は画面上に平らな画像として描画され、透視投影を使わないカメラ(正投影カメラ)が使用されます。

典型的な 2D ゲームの例をいくつか紹介します。

unity 2D scene

3D の特徴

3D ゲームでは通常、まとまったゲーム環境、キャラクター、ゲームの世界を構成するオブジェクトを表現するために、オブジェクトの表面にマテリアルやテクスチャをレンダリングする 3次元のジオメトリを使用します。

3D ゲームでは、多くの場合、透視投影によってシーンがレンダリングされるため、カメラに近いオブジェクトほど画面上に大きく表示されます。

unity 3D game scene

また、アニメーションから環境、プロップまで、厳選されたさまざまな 3D アセットの中から自作のゲームに合ったものを Unity アセットストアから入手できます。

さらに 2.5D もありますよ!

一部の 2D ゲームでは、環境やキャラクターに 3D ジオメトリが使用されてていても、ゲームプレイは二次元に制限されています。たとえば、カメラで横スクロールビューが表示されていても、プレイヤーが二次元方向にしか動けないゲームなどです。このようなゲームでは、3D 効果は機能のためというよりも、ビジュアル目的で使用されます。

unity flipping death 2.5D

3D ジオメトリを使用しているにもかかわらず、透視投影カメラではなく正投影カメラを使用するゲームがあります。これは、ゲームを操作するプレイヤーに鳥かん (瞰) 透視投影(bird’s-eye view)を与える一般的な手法であり、しばしば 2.5D と呼ばれています。

unity 2.5D scene

2D モードと 3D モードのどちらでゲームを制作したらよいかよくわからなくても、Unity なら使用中に 2 つのモードをいつでも気軽に切り替えられます。他の Unity クリエイターの 2D/3D プロジェクトの開発に関する意見は、次の場所でいつでも見ることができます:コミュニティセクション(Unity のウェブサイト)、ブログフォーラム.

OK

弊社の Webサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。 詳細はこちらをクリックしてください。