Unityの検索機能

魅力的なゲームトレーラーをリリースするための 10 のヒント

Last updated: November 2018

この記事では、人を引きつけるゲームトレーラーを作成するためのヒントやテクニックのほか、ビデオコンテンツで視聴者を捉え、離さず魅了し続ける方法をご紹介します。ここで紹介されているヒントは Adam Myhill(シネマティクス担当責任者)と Natalie Grant(映像制作向けシニア製品マーケティングマネージャー)によって提供されました。2 人の講演全体はこちらでご覧いただけます。シネマトグラフィーに関する有益な情報を短時間で習得したい場合は、この講演の最初からしっかり視聴すると、コントラスト、色、合成に関する知識全般だけでなく、カメラの配置や動作、レンズパック、スムーズな編集方法に関するヒントも得ることができます。

努めてゲームトレーラーを作成すべき理由

ビデオは、ウェブ上で最も訴求力の高いコンテンツ形式の 1 つです。そのため、あらゆるマーケティングキャンペーンで利用できるツールのうち、最も影響力のあるものはトレーラーだと考えてください。一番重要なメッセージは、最も多くの人の目に触れるトレーラーの冒頭部分で伝えるようにしましょう。

対象となる視聴者と伝えたいメッセージから最初に考えましょう。トレーラーのリリースは、そのゲームで誰の関心を捉えるのか、何が興味を引き起こすのかを確認する方法としても利用できることを覚えておいてください。

いかにユーザーの手元へゲームトレーラーを届け、結果を追跡し、反応が効果的な状態を保ち続けるか

5 秒で 1 つのメッセージ

人の集中力は長時間持たないため、短いバージョン(30 秒以内)のトレーラーを必ず用意してください。グッと興味を引くことができなければ、5 秒も見てもらえません。単刀直入にメッセージを伝えましょう。

エコシステムへ取り込む

興味を持ってもらうことができ、それでユーザーがプロジェクトに熱中して 1 つか 2 つのチャンネルを共有してくれたのだとしたら、これは快挙です。しかし、そのプロジェクトのウェブサイトやゲーム関連の他のコンテンツをその後にもうチェックしてもらえないとしたら、どうでしょうか。一体何が肝心なのでしょうか?

CTA(Call To Action: 行動喚起)を追加して、他の類似コンテンツを掲載したページに視聴者をリダイレクトするか、チャンネル登録や共有、フォローなどの選択肢を視聴者に提供するようにします。手の付け所がわからないのであれば、まず終了画面に関するベストプラクティスを調査してみてみましょう(YouTube ビデオの終了画面には、ディープリンクを追加できます。このディープリンクは、一旦編集のためにビデオを削除せずとも、後の工程で簡単に編集できます)。終了画面は、ゲームのライフサイクルに応じて、新しい CTA で更新できます。そのため、ビデオ自体のテキストをハードコーディングするよりも、終了画面を活用することをお勧めします。

2 番手の検索エンジンを活用する

YouTube は、Google に次ぐ 2 番手の検索エンジンです。「トレーラー/トレイラー(trailer)」という言葉は、YouTube で最も検索されている用語の 1 つです。うまく利用したい大きなチャンスに気付いたら、次は、ビデオの説明などのビデオに関する細かな部分を決めていきましょう。

たとえば、YouTube では通常、説明は畳んで表示されるため、視聴者は読むために説明を展開しなければなりません。そのため、CTA、ウェブサイトのリンクなど、重要と考える要素はすべて、畳まれる部分より上に記述する必要があります。ビデオの説明は SEO(検索エンジン最適化)にとっては際立って重要な部分です。ここには、ゲームの概要や開発者についての関連キーワードがすべて含まれるからです。「トレーラー」という言葉も説明に含める必要があります。

ビデオのサムネイルを最大限活用する

YouTube で自動生成されるビデオのサムネイルは、十分にゲームの内容を捉えたものでも、オーディエンスの目を引くものでもありません。サムネイルは、ビデオをクリックする人数を左右する重要な要素です。ビデオの投稿者は、トレーラーからキャプチャーした画像にテキストを追加し、サムネイルとしてアップロードできます。このようにサムネイルを最適化する機会があるので、自動生成されたサムネイルをそのまま使用しないようにしてください。

次に重要となるのは、アピールできるイメージを使用することです。暗い色のゲームや、暗いジャンルのゲームでも、使用するイメージは単に暗い画像ではいけません。多少ぱっとしない見た目だったとしても洗練されている方が、より一層視聴者を惹きつけることができるようになります。

Facebook ビデオ — 短くが常に良し

Facebook が計測する平均の動画再生時間は 3 秒です。ビデオでロゴを表示するタイミングを遅くしたり、開始時ではなく終了時に表示したりすることを検討してみましょう。Facebook のフィードをユーザーは一気にスクロールしたりするものですから、最初の 3 秒間は、スクロールされないように特に興味を引くような内容にします。

Facebook に広告を掲載するつもりであれば、動画のフォーマットを意識するようにしましょう。まず、モバイル向けのデザインから手をつけてみましょう。大体の場合、人はスマートフォンを縦に持つため、最も見てもらえるのは正方形(1:1)および縦長(4:5、2:3、9:16)のビデオになります。それぞれのチャンネルとファイルを意識し、チャンネルごとに継続して最適化と調整を行えるようにもしておきます。

ネイティブアップロードを使用する

利用するチャンネルごとに、アスペクト比、時間、ビデオ終わりの CTA が異なる複数ファイルを作成します。いくつものバージョンのビデオを制作するのを恐れないでください。チャンネルごとにビデオをネイティブアップロードすることにはメリットがあります。たとえば、Facebook のアルゴリズムでは、共有された YouTube ビデオよりも Facebook のネイティブビデオを高くランク付けします。このアルゴリズムを利用しない手はありませんね。

同じことが Twitter にも当てはまります。というのも、共有されたビデオをクリックすると、視聴者は共有先のプラットフォームを離れて、まったく別のページに移動してしまうからです。また、その転送する先についてもよく見極める必要があります。

有料広告を活用する

これまで有料広告キャンペーンを行ったことがなかったとしても、どのソーシャルチャンネルにも詳細設定可能な有料キャンペーン機能が多く揃っています。機会があればチェックしてみてください。ただ、必ず有料広告キャンペーン利用の際には目的を定め、キャンペーンを通じて達成する目標を立てた上で、その目標をいかに実現するかを検討するようにします。

このようなキャンペーンを実施するときに役立つ素晴らしいツールの 1 つがセグメンテーションです。上述のチャンネルの多くには、特定の国に住み、特定の関心や嗜好を持っている人をターゲットにする機能があります。100 ドルかければ、オーディエンスに直接働きかけるキャンペーンをいくつか実施できます。

キャンペーンの指標を確認して、オーディエンスを詳しく知る

広告に関する作業は、有料広告キャンペーンを開始したところで終わりではありません。1 週間に一度は立ち戻って、キャンペーンの効果を確認する必要があります。このようにして、特定の時間やさまざまなタイムゾーンにおける、ウェブサイトの訪問数やビューの増加といったパターンを調査できます。視聴者がどのような状況でコンテンツに興味を示しているかがわかってきたら、ビデオコンテンツ制作作業にさらに力を注ぐことができます。

再浮上させましょう!

「再浮上」も有料広告において重要な部分です。「再浮上」はバズワードですが、基本的には、同じビデオを再投稿することを意味します。ただし、再投稿には正しい手順というものがあります。元の投稿に以前とは異なるテキストを付けて再共有するのです。このようにすると、同じビデオの再生数を引き継ぎながら、どのようなテキストを使うとオーディエンスにより効果があるかをテストできます。

Facebook ライブの情報とその他のマーケティングのヒント

Facebook ライブは、重要な情報を公開し、ちょっとした話題を作り出すために利用できるツールです。プッシュ通知も利用できるため、ユーザーにライブの正確な時間を知らせることができます。

話は変わりますが、テクノロジーブランドについて考えましょう。ゲーム開発において特定のテクノロジー、ハードウェア、ソフトウェアを使用してきたと思います。それらを提供している企業にコンタクトを取り、ゲームの制作に同社の製品を使っていることを伝えてみましょう。喜んで、ゲームの開発や宣伝に協力してくれるでしょう。

オンラインにおけるカスタマージャーニーマップを作成することを検討してみてください。やや地味な作業に見えるかもしれませんが、マップ作成を通じて、オンラインプレゼンスを持つウェブサイト、ページ、プラットフォームなどをすべて緻密に計画すると、顧客の思考プロセスとして自然な流れを遮ることなく、ユーザーがどうコンテンツを操作するか、どのようにしてユーザーの行動を別の段階や目的とする行動へ方向転換できるのかを明確化できるので大変有用です。

その他のリソース

今後のためにうかがいます。このコンテンツはいかがでしたか?

もっと読みたい いまいちです