Moving Platform(動く地面)

確認済のバージョン: 2017.3

-

難易度: 初級

Project ウィンドウの Prefabs > Interactables にある、動くプラットフォームのプレハブです。

シーン内に Moving Platform を作成するには、Project ビューから MovingPlatform プレハブを Scene ビューへドラッグしてください。

これには Moving Platform スクリプト、Box Collider 2D、Rigidbody 2D、Platform Effector 2D、および Platform Catcher スクリプトが含まれています。

Platform Catcher スクリプト は、プラットフォーム上のゲームオブジェクトを自由に動かせるようにするものです。通常はこれに変更を加える必要はありません。

このゲームオブジェクトには、Scene ビュー上で、先端にトランスフォームツールの付いた赤い点線が表示されます。これは、プラットフォームの移動経路と移動方向を示すものです。トランスフォームツールを任意の方向にドラッグすると、経路と方向を変えることができます。

  • Platform Catcher ― プラットフォームの Platform Catcher Script が自動的に検知されます。通常はこれに変更を加える必要はありません。

  • Preview Position ― スライダーを使って、プラットフォームの経路を Scene ビュー上でプレビューできます。

  • Start Moving ― 有効にした場合、ステージの読み込みと同時にプラットフォームが動き出します。無効にした場合は、イベントでトリガーする必要があります。

    • When becoming visible ― Start Moving の設定が有効になっている場合にのみ利用可能なオプションです。有効にした場合、プラットフォームはステージの読み込みと同時に動き出すのではなく、画面に表示されてから動き始めます。
  • Looping ― 移動経路の終点に到達した時のプラットフォームの挙動を設定します。

    • BACK_FORTH ― 開始点と終点の間を往復します。

    • LOOP ― 経路の終点に到達しても折り返さずに、経路の続きを開始点まで進みます。開始点に戻ると同じサイクルを繰り返します(ループ状の経路になります)。

    • ONCE ― 終着点に到達するとそこで停止します。

  • Speed(初期設定:2) プラットフォームの移動速度(ユニット/秒)です。

  • Add Node ― プラットフォームの経路にノード(あるいは、目的地点)を 1 つ追加します。プラットフォームはノードからノードへ移動します。

    • Node 0 ― プラットフォームの位置です。削除することはできません。 変更不可であるため、位置の設定はありません。

      • Wait Time ― プラットフォームが次のノードに向かって動き出すまでの待機時間の長さです。
    • Node 1 ― ひとつ目の経路および目的地です。これは初期設定で常に含まれます。

      • Position ― (ローカル空間における)ノードの位置です。

      • Delete ― ノードを削除するボタンです。

      • Wait Time ― プラットフォームが次のノードに向かって動き出すまでの待機時間の長さです。

Node(ノード)が 2 つあるプラットフォームは、Scene ビューでは以下のように表示されます。