プロジェクトの作成

確認済のバージョン: 5.5

-

難易度: 初級

プロジェクトを作成する

まずはプロジェクトを作成しましょう。

プロジェクトを作成するには、以下の操作を行います。

  1. Unityエディタを起動します。既に起動している場合はメニューバーのFileからNew Project...を選択します。 (以降この操作はFile→New Project...のように表記します。
  2. 右上のNew Projectを選択します。
  3. プロジェクトダイアログが表示されますので、Project Nameに作成するゲーム名を入力します。今回は"Roll-a-Ball"とします。
  4. Locationにプロジェクトを保存するフォルダを指定します。
  5. 今回は3Dのゲームを作成しますので、3Dを設定します。
  6. 最後にCreate Projectをクリックしてプロジェクトを作成します。

New Project作成

Roll-a-Ballプロジェクト作成

シーンを保存する

次にシーンを保存します。 シーンを作成するには、以下の操作を行います。操作が完了後、シーンの情報を保存したシーンファイル(***.unity)が作成されます。

  1. File→Save Sceneを選択します。
  2. 新規保存の場合はシーン名を指定します。今回はstage01とします。

シーンを保存

プロジェクトとシーン

Unity では、ゲーム全体の構成を「プロジェクト」、ゲームの各部を構成する独立した各場面や各ステージを「シーン」と呼びます。 商用になるような手の込んだゲームはたくさんのシーンを含み、ときには複数のシーンを 1度に組み合わせることもあります。

エディターのレイアウトを統一する

最後にゲーム作りを行う前に、このチュートリアルでUIの位置を分かりやすく説明するためにエディタのUI表示を統一します。

  • 右上のLayoutを選択し、2 by 3を選択します。
  • Gameタブを選択し、Free Aspectを選択、4:3へ変更します。
  • Projectブラウザの下のバーを左へずらす。

Unityエディタのレイアウト設定

インターフェースの使い方

Unityを起動すると、下記のような画面が表示されます。 Unityはこの画面でスクリプト制作以外の殆どの操作を行うことが出来ます。

各ビューの説明

各要素は以下のとおりです。

1. シーン(Scene)ビュー

シーンビューには製作中のゲーム世界(シーン)が表示され、自由な位置・角度から眺めることができます。

2. ゲーム(Game)ビュー

ゲームビューはゲーム画面です。 ゲームプレイヤーは基本的にこの画面を見ながらゲームをプレイします。 またUI等の操作はこの画面で行います。

3. インスペクター(Inspector)ビュー

シーンの中で選択肢中のオブジェクトが持つ属性を表示・編集するためのビューです。 属性には座標やメッシュといった外見上のものから、衝突判定や物理制御に関するパラメーターなどもあり、その他ユーザー定義のものもここに表示されます。 Unity5.5では、インスペクタービューのタブにサービス(Services)ビューが表示されることがあります。

4. ヒエラルキー(Hierarchy)ビュー

シーン内に存在するオブジェクトの一覧が表示されます。 編集中のシーン内でオブジェクトをコピー/ペーストしたり、適切な名前をつけて整理することもできます。

5. プロジェクト(Project)ブラウザ

製作中のプロジェクト(ゲーム全体)に含まれるシーン、スクリプト、グラフィックやサウンドなどのデータ、その他のリソースがファイル単位で表示されます。ここに出来合いのスクリプトセット、アートアセット、シェーダーなどを「パッケージ」単位でインポートすることもできます。

Sceneビューの移動方法

Sceneビューは以下の操作で自由に移動する事ができます。 この操作を行うためにはSceneビューへフォーカスがあたっている必要があります。

操作 動作
マウスホイール Sceneビューの拡大・縮小
右クリックを押しながらドラッグ 視点を回転させる
真ん中クリックを押しながらドラッグ Sceneビューの並行移動
オブジェクトをダブルクリック 指定のオブジェクトにフォーカスを当てる

SceneViewの動き