入力操作の設定

確認済のバージョン: 2017.2

-

難易度: 中級

はじめに

前のセクションでは、ゲームカメラと UI の設定に焦点を当てました。今度は、プレイヤーがキーボードやマウス、そしてタッチ入力の両方を使用してカメラを動かし、ユーザーインターフェイスと相互作用できるようにすることが必要です。

デスクトップ、モバイルの操作スキームを設定する

1 枚の画面に収まらないほどステージが大きく、プレイヤーがカメラをパンさせてステージの他の場所を見たいという場合があります。キーボードやマウスの操作や、モバイル端末へのタッチ操作でこれを可能にするコンポーネントがこのテンプレートには入っています。

あらかじめ用意されているテンプレートの GameCamera プレハブには、複数の入力スキームを受け付けるコンポーネントがアタッチされています。これらのコンポーネントについてはこの後触れます。

InputController コンポーネントを理解する

InputController コンポーネントは、どの入力システムが有効であるかを判断します。さらに、任意のフレームでプレイヤーから受け取った入力に対してイベントを起動します。 GameCamera オブジェクトには、このコンポーネントがアタッチされています。以下にそのフィールドを説明します。

Drag Threshold Mouse

マウス操作の場合に、カメラをパンさせるためにドラッグする必要があるピクセル数を定義します。

Drag Threshold Touch

タッチ操作の場合に、カメラをパンさせるためにドラッグする必要があるピクセル数を定義します。

Tap Time

入力がタップとして認識される最長時間を設定します。

Hold Time

入力がホールドとして認識される最短時間を設定します。

Mouse Wheel Sensitivity

マウスホイールスクロールのときに、カメラがズームする速さを設定します。

Track Mouse Buttons

マウスボタンの追跡可能数を設定します。

Flick Threshold

カメラをパンするときに、マウス、またはタッチ入力でどれくらい動かすと「フリック」と認識されるかを設定します。

TowerDefenseKeyboardMouseInput コンポーネントを理解する

TowerDefenseKeyboardMouseInput コンポーネントはマウスとキーボードを使ってカメラをパンさせる機能を提供します。

Near Zoom Pan Speed Modifier

キーボードで完全なズームインから完全なズームアウトまでのパンのスピードを設定します。

Screen Pan Threshold

カメラがパンし始める前に必要な画面からマウスからまでの距離を設定します。

Mouse Edge Pan Speed

画面の端でスクロールするときに、カメラがパンする速さを設定します。

Mouse Rmb Pan Speed

マウスの右ボタンを押したまま動かすときに、カメラがパンする速さを設定します。

TowerDefenseTouchInput コンポーネントを理解する

TowerDefenseTouchInput コンポーネントはモバイル端末へのタッチ入力でカメラを動かす機能と、このテンプレートのモバイル端末向けバージョンの UI を操作する機能を提供します。

Near Zoom Pan Speed Modifier

キーボードで完全なズームインから完全なズームアウトまでのパンのスピードを設定します。

Pan Area Screen Percentage

画面の中央付近のどのくらいの範囲をパンに使用するかを設定します。プレイヤーが画面のこの範囲内でタワーをドラッグすると、カメラはパンします。

Pan Speed

タッチ入力でパンするときに、カメラが動く速さを設定します。

Flick Decay Factor

フリックの後にカメラの動きが止まるのにかかる時間を設定します。

Confirmation Buttons

タワービジュアライザーを有効な配置場所へドラッグしたときに表示される UI プレハブへの参照を格納します。

Invalid Buttons

タワービジュアライザーを無効な配置場所へドラッグしたときに表示する UI プレハブへの参照を格納します。