UI を追加する

確認済のバージョン: 2017.2

-

難易度: 中級

はじめに

ここでは、プレイヤーがゲーム進行状況の情報を得られるようにします。 本拠地にどれだけ耐久力が残っているか、どのくらいの通貨をタワーに費やす必要があるか、などの情報が含まれます。

このセクションでは、主に UI Canvas と GameUI コンポーネントを使用して、プレイヤーが情報を得られるようにする方法について説明します。

UI Canvas

UI 用に、Hierarchy ウィンドウで右クリックし、UI > Canvas の順に選択してキャンバスを作成します。次に、Project ウィンドウのPrefabs/UI に移動し、以下のプレハブをキャンバスオブジェクトの子に設定します。

  • TowerControllerUI - プレイヤーがタワーをクリックするとポップアップが開き、タワーについての情報が表示され、タワーの売却やアップグレードが可能になります。

  • Build Menu - 作成するタワーの選択肢を表示します。

  • PlayerBaseLife - 本拠地の現在の耐久力の状態と、プレイヤーが使用できる通貨の量を表示する UI 要素です。

  • WaveContainer - 現在のステージのウェーブ数を表示します。

  • Game Over - プレイヤーがすべての敵を破壊するか、本拠地の耐久力がゼロになると、ゲーム終了のポップアップが表示されます。

  • PauseMenu - ゲームを一時停止し、ステージを再スタート、または終了できます。

  • TowerPlaceConfirmationUI - モバイルデバイス上でタワーの配置を確認できます。

  • TowerPlaceInvalid - モバイルデバイスを使用するプレイヤーに、タワーを配置した場所が有効な配置エリアではないことを示します。

前のセクションで加えた GameCamera オブジェクトの GameUI コンポーネントは、これらのプレハブの一部の参照を必要とします。

  • RadiusVisualiser プレハブを Radius Visualizer Controller フィールドにドラッグアンドドロップします。

  • TowerControllerUI オブジェクトを Tower UI フィールドにドラッグアンドドロップします。

  • BuildInfo オブジェクトをシーンに配置します。このオブジェクトは Build Menu オブジェクトの 2 階層下の子オブジェクトになります。このオブジェクトを Build Info UI フィールドにドラッグします。

GameUI コンポーネントを理解する

GameUI コンポーネントを GameCamera ゲームオブジェクトにアタッチする必要があります。GameUI コンポーネントは、プレイヤーがタワーを選択、購入、売却するときに表示される UI コンポーネントを定義します。

Placement Area Mask

Tower Placement コンポーネントが設定されているレイヤーを選択することができます。 これにより、タワーを配置するときに他のレイヤーが除外されます。

Tower Selection Layer

すでに配置済のタワーが存在するレイヤーです。 これを使って、グリッド上のタワーを選択するときに、他のレイヤーを除外することができます。

Ghost World Placement Mask

タワーゴーストが衝突できるレイヤーを決定します。 タワーゴーストを移動させる場合に、特定のステージのコライダー上や配置グリッド自体にゴーストを表示します。

Radius Visualiser Controller

タワーを選択または配置する時に、タワーの半径を表示するビジュアライザーへの参照を格納します。

TowerUI

タワーのレベル、DPS (1 秒あたりのダメージ)、そして、タワーをアップグレードまたは売却するためのボタンを表示する TowerUI への参照を格納します。

Build Info UI

ビルドメニューからタワーを選択するときに表示されるスライドパネルを参照します。

関連するチュートリアル