プロパティー

確認済のバージョン: 4.1

-

難易度: 中級

クラスのメンバー変数 (フィールド) にアクセスするプロパティーの作成方法を学びます。

プロパティー

中級 Scripting

Player

Code snippet

using UnityEngine;
using System.Collections;

public class Player
{
    //メンバー変数はフィールドを表しています
    private int experience;
    
    //Experience は基本プロパティーです
    public int Experience
    {
        get
        {
            //その他のコード
            return experience;
        }
        set
        {
            //その他のコード
            experience = value;
        }
    }
    
    //Level は経験値 (experience) をプレイヤーのレベルに
    //自動変換するプロパティーです
    public int Level
    {
        get
        {
            return experience / 1000;
        }
        set
        {
            experience = value * 1000;
        }
    }
    
    //これは、自動実施プロパティーの例です
    public int Health{ get; set;}
}
#pragma strict

public class Player
{
   //メンバー変数はフィールドを表しています
    var experience : int;

    //Experience は基本プロパティーです
    public function get Experience() : int
    {
        return experience;
    }
    
    public function set Experience(value : int)
    {
        experience = value;
    }
    
    //Level は経験値 (experience) をプレイヤーのレベルに
    //自動変換するプロパティーです
    public function get Level() : int
    {
        return experience / 1000;
    }
    
    public function set Level(value : int)
    {
        experience = value * 1000;
    }
    
    // Javascript 言語には自動変換するプロパティーの機能はありません
}
import UnityEngine
import System.Collections


public class Player:

    //メンバー変数はフィールドを表しています
    private experience as int

    
    //Experience は基本プロパティーです
    public Experience as int:
        get:
            //その他のコード
            return experience
        set:
            //その他のコード
            experience = value

    
    //Level は経験値 (experience) をプレイヤーのレベルに
    //自動変換するプロパティーです
    public Level as int:
        get:
            return (experience / 1000)
        set:
            experience = (value * 1000)

    
    //これは、自動実施プロパティーの例です
    public Health as int:
        get:
            pass
        set:
            pass

Game

Code snippet

using UnityEngine;
using System.Collections;

public class Game : MonoBehaviour 
{
    void Start () 
    {
        Player myPlayer = new Player();
        
        //プロパティーは変数とまったく同じように使えます
        myPlayer.Experience = 5;
        int x = myPlayer.Experience;
    }
}
#pragma strict

function Start () 
{
    var myPlayer = new Player();
    
    //プロパティーは変数とまったく同じように使えます
    myPlayer.Experience = 5;
    var x : int = myPlayer.Experience;
    
    print(x);
}
import UnityEngine
import System.Collections


public class Game(MonoBehaviour):

    private def Start():
        myPlayer = Player()
        
        //プロパティーは変数とまったく同じように使えます
        myPlayer.Experience = 5
        x as int = myPlayer.Experience

関連するチュートリアル