VRプロジェクトをデプロイする

確認済のバージョン: 5.3

-

難易度: 初級

この章では、VR Samples プロジェクトの対応プラットフォーム(DK2 と Gear VR)へのデプロイについて解説して行きます。ただし当然ながらこの他にも VR のデプロイメント・プラットフォームには現在開発中のものが多数存在しますので、将来的に一般向け販売される予定のものも念頭に置いた内容となっています。

Oculus DK2 へのデプロイ

Unity 上では Play を押すだけで簡単に DK2 のプロジェクトをテストできますが、公開時など、Unity の外でのテストが必要ば場合にはプロジェクトをデプロイする必要があります。

DK2 へのデプロイ方法は単純です。DK2 が正常に機能していること、またその時点で選択されているプラットフォームが Standalone (スタンドアロン)であることを確認してください。(Unity で VR 開発を始めよう の章の「基本の設定」の項をご参照ください。)

Build Settings(ビルド設定)

該当シーンが Scenes In Build に含まれていることを確認し、Build and Run をクリックしてください。標準の Windows ビルドが、.exe ファイルおよびそれに付随するコンテンツフォルダーを伴ってエクスポートされます。

.exe ファイルを通常通り実行してください。VR 対応が有効になった状態でビルドされたプロジェクトである場合は、DK2 上で自動的に VR モードで開始されます。.exe ファイルが正常に実行されない場合は、コマンドライン引数 -vrmode を使用して強制的に VR モードに設定する方法もあります。これについては Unity マニュアルの VR 概要 の項目をご参照ください。

また以下のようにバッチファイルを使用することも可能です。

BuildName.exe -vrmode oculus

Oculus のウェブサイトに、DK2 向けのビルドに関する情報 が提供されています。

Gear VR へのデプロイ

Gear VR 開発の環境を整えるには、まず Unity と端末の両方を Android 開発用にセットアップする必要があります。(注)現時点で消費者向け GearVR が対応している端末は Samsung Galaxy S6、S6 Edge、S6 Edge+ および Note 5 のみです。

  1. _Unity を Android 開発用にセットアップする_.

  2. _モバイル端末に USB ドライバーをインストールする_.

  3. こちらのガイド に従ってモバイル端末の開発者設定を有効にした上で、開発者メニューで USB デバッギングを有効にしてください。

上記を行った上で、Oculus ウェブサイトの Gear VR 用のビルド方法の説明 に従ってください。

Assets/Plugins/Android/assets/ ディレクトリの条件と、それに付随する OSIG ファイル の条件もご確認ください。これらは Gear VR にコンテンツをデプロイする際に必要なものです。(VR Samples プロジェクト の該当ディレクトリには、このことが注記された Readme.txt が念のため含めてあります。)

Gear VR コンテンツを Oculus Store で経由で配信していない場合(レビュー用に同僚のデバイスにビルドを送っている場合など)でも、コンテンツが実行される全てのデバイスに関して、該当ディレクトリに OSIG ファイルが必要となりますのでご注意ください。

Oculus Store への公開

Oculus Store にプロジェクトを公開する場合は、Oculus ホームページの 公開に関するドキュメンテーション をご覧ください。

Oculus Share への公開

Oculus Share では、DK2 の VR ゲームや VR 体験コンテンツをコミュニティに共有して世界中のユーザーからフィードバックを受け取ることができます。自分の作品を配信してプレイヤーから有益な意見を得ることができる素晴らしい手段です。

Oculus Share

Oculus Share にコンテンツを公開するには、提出ガイドラインをご覧ください。

デプロイメントをはじめ、VR に関連する問題について意見交換を行うには、Unity の VR フォーラム をご利用ください。

以上、本章では DK2 と Gear VR へのプロジェクトのデプロイ方法をご紹介しました。続く 最適化に関する章 では、VR でコンテンツを円滑に実行するための基本的事項をご紹介します。