Unityの検索機能

Unity の商標の使用に関するガイドライン

v. 3.0

ユニティ・テクノロジーズおよびその関連会社(以下「Unity」といいます。)は、Unity の商標、サービスマーク、認定資格、名称、シンボル、デバイス、製造元表示、デザイン、アイコン、商号、またはロゴ(以下「本商標」といいます。)を使用または言及することを希望する Unity のお客様、正規代理店、技術提携パートナーや報道関係者の皆様のために、本 Unity の商標の使用に関するガイドライン(以下「本ガイドライン」といいます。)を定めます。Unity の本商標は Unity にとって極めて重要なものであり、本ガイドラインはその使用に関する基本原則を明らかにするものです。Unity は、こちら(以下「Unity の商標一覧」といいます。)に列挙されている本商標を含む、多数の登録済みおよび未登録の本商標を保有しています。Unity の本商標の使用にあたっては必ず本ガイドラインまたは Unity からの個別の書面による許可に従う必要がありますので、本ガイドラインをよくお読みください。

正規代理店、技術パートナー他

Unity は、別途の書面による契約に基づき、正規代理店、技術パートナー、およびその他のライセンシーのための特定のプログラムを用意しています。これらのパートナーは、Unity の本商標を、それらの契約の規定と本ガイドラインに従って使用することができます。契約書に Unity の本商標に関する規定がない場合には、本ガイドラインが適用されます。契約書および本ガイドラインの規定が抵触する場合は、契約書の規定が優先して適用されます。

許可されている使用:Unityの文字商標

Unity のロゴではない Unity の本商標(以下「Unity の文字商標」といい、例えば、「Unity」などを指します。)は、次のように使用することができます。

  1. Unity の製品やサービス自体を説明または参照するために Unity の文字商標を使用することができます(例えば、開発ツールとして Unity のソフトウェアを使用していることを説明する場合や Unity のソフトウェアを製品として宣伝する場合など)。
  2. あなたの製品やサービスとの関連で、当該関連性を説明するために、Unity の製品やサービスについて説明または参照する際に Unity の文字商標を使用することができます。ただし、その説明は真実かつ正確であり、Unity の文字商標があなたの製品やサービスの商標に組み込まれておらず、また、他の点においても本ガイドラインに従っている必要があります(例えば、あなたの製品が、「Unity ソフトウェアと互換性がある」こと、またはあなたのサービスは、「Unity ソフトウェアのチュートリアル」を提供するものであることを明示するなど)。
  3. Unity の文字商標は、あらゆる態様の刊行物(デジタルおよびそれ以外の媒体も含みます)で使用することができます。ただし、その使用にあたっては次のすべてを遵守し、かつ、その他の点においても本ガイドラインに従う必要があります。
    • Unity の文字商標の使用が、実際にその資料の主題に関連していること。
    • 資料において、Unity の文字商標があなたの商標(あなたの製品やサービスの商標を含みます)よりも目立っていないこと。
    • 本ガイドラインに説明されているように商標表示を行うこと。

許可されている使用:ロゴ/ブランド資産

Unity は多くの異なるロゴ、ブランド資産およびアイコン(以下「本ロゴ」といいます。)をその事業に関連して使用しています。ご理解のとおり、多くの人々が当社の本ロゴの使用を希望していることは嬉しく思いますが、当社は(私たち自身、および顧客のために)当社ブランドの価値を守る必要があります。そこで、このセクションでは、別途の許可なしに使用できる本ロゴ、およびその他の場合に許可を得る方法について説明します。

あなたの状況が当てはまらない場合は、別途以下の許可を申請することができます。パートナー/販売代理店である場合は、当社と本ロゴに関する別途の書面による契約を締結しているかどうかご確認ください。

全ての本ロゴに関する基本原則

当社と別途別段の合意をしていない限り、当社の本ロゴは、本ガイドライン、スタイルガイド、および以下の本ロゴに関する一般的なルールに準拠して使用されるものとします。

  • 修正が入っていない、公式の Unity のロゴを使用すること。 各 Unity のロゴは芸術的な資産です。このため、あなたは Unity が指定したダウンロードソースからの Unity のロゴ、または Unity が提供した原画の複写物のみを使用することができます。また、Unity から提供される Unity のロゴのスタイルガイドに従う必要があります。Unity のロゴにつき、色の変更、フォントの変更、ストロークの適用、デザイン要素の改変、引き伸ばすこと、歪めることなど、あらゆる形式での変更や修正は認められません。また、Unity のロゴを動画化することも認められません。明確で一貫した使用が求められます。
  • Unity のロゴが明瞭に表示されること。Unity のロゴを歪ませないことのほか、サイズを縮小して不明瞭にしたり、ぼやけさせたり、読みにくくすることは認められません。
  • Unity のロゴとその他のグラフィックや文字との間に十分な余白を確保することで、それぞれが独立した要素として解釈されるようにすること。Unity のロゴは常に独自の要素として表示および理解される必要があります。
  • Unity のロゴを資料の装飾やアクセントとして使用しないこと。Unity のロゴは芸術的な資産であり、単に文体を整えるために使用してはなりません。
別段の許可を必要としない Unity のロゴ及びその使用方法

「Made with Unity」の ロゴ

(ダウンロード)

「Made with Unity」のロゴは、あなたの作品が当社のソフトウェアプラットフォームで開発されたという事実を宣伝するものです。したがって、このロゴは、あなたが Unity ソフトウェアプラットフォームを使用して開発し、エンドユーザに頒布したゲーム、アプリケーション、その他のデジタルメディアに関連付けて使用することができます。

Unityと「キューブ」のロゴ

(ダウンロード)

当社の主要な企業ロゴとなります。このロゴを別途の許可なく使用できるのは、以下の場合に限定されます。

関係性の明示

広告またはマーケティングの資料において当社との実際の関係性(たとえば、Unity のベンダーまたはサプライヤーであること)を明示するため。ただし、同様の目的で他社のロゴ(少なくとも 1 つ)と共に表示される場合に限ります。

Unity の製品/サービスの宣伝

マーケティングまたは広告の資料において Unity の製品/サービスを宣伝するため。ただし、ロゴが使用されるのが Unity の製品/サービスのみのスペースであり、その他のもの(あなた自身のものを含みます。)に使用されない場合に限ります。

ファンとしての表現

この Unity のロゴは、Unity の製品/サービスまたはその使用に関するブログ/動画ブログ投稿等の情報を提供する資料において使用することができます。ただし、(a) 当該資料自体が商用目的のものではなく、公衆に無償で提供されているものであること、(b) あなたが当該資料を頒布するにあたって商業目的を有していないこと、(c) 当該資料が Unity の公式資料であったり Unity が承認したものであるかのように見えないこと、かつ(d) Unity の製品/サービス以外のものにロゴを関連付けないことを条件とします。非商用目的使用であることの唯一の例外は、ビデオ共有 Web サイト(例:YouTube)を通じて配信される情報提供目的のビデオでの広告としての使用です。あなたが本ガイドラインの他のすべての要件を遵守している限り、このような形で使用することができます。

他の場合と同様に、Unity のロゴを、あなた自身、あなたの事業/製品/サービス、または他者や他者の事業/製品/サービスの宣伝するためにはいかなる方法でも使用しないことが特に重要です。また、Unity 認定資格を取得していないのに取得していると主張するなど、あなた自身を偽って表示してはなりません。

タブの「キューブ」ロゴ

(ダウンロード)

別途の許可なくこのロゴを使用することができる場合、当社の主要な企業ロゴの場合と同様です。ただし、このロゴは、ロゴのスペースからして合理的に必要とされる場合(つまり、主要な企業ロゴを使用した場合には、ロゴが「小さすぎる」、不明瞭、または歪んで見えるような場合)にのみ使用されるものとします。

パートナーバッジ/公認バッジ

「パートナーバッジ」とは、次のいずれかのバッジのことを指します。

「公認バッジ」とは、次のバッジのみを指します。

「パートナーバッジ」または「公認バッジ」の使用について Unity と別途書面による契約を交わしている場合は、ロゴをダウンロードする方法の手順が提供されます。すべてのパートナーバッジまたは公認バッジの使用については、本ガイドラインに示される許可されているロゴの使用に関する一般的なルールに加えて、次の固有のルールに従う必要があります。

パートナーバッジ固有のルール

パートナーバッジは、パートナーと Unity との間の関連する契約に基づいて、そのパートナーと Unity との間に実際にある提携関係という事実を示すためにのみ、かつ Unity による合意および承認が有効である限りにおいてのみ使用することができます。

パートナーバッジはこの関係性と承認を示すために使用されますが、Unity と何らかの提携関係があるように見せたりほのめかすこと、または Unity があなたのスポンサーであることや、あなたの製品を何らかの形で支持しているように見せることのためには使用できません。これは例えば、パートナーバッジをあなたの製品の「パッケージ」(デジタルか否かを問いません)に付したり、マーケティング資料などであなたの製品との関連性を示すためにそれ以外の方法でパートナーバッジを使用したりしてはならないという意味です。

例えば、あなたが公認ソリューションパートナーである場合、パートナーバッジを Web サイトやマーケティング資料に使用することができますが、特定の製品と関連付けて使用することはできません。ただし、公認ソリューションパートナーであれば、公認バッジの使用許可を受けた製品については、その製品との関係で公認バッジを使用することができます。より明確にすると、公認ソリューションパートナーは、公認バッジを使用する権利がある限りにおいて、そのパートナーバッジを使用することができます。

また、パートナーバッジをあなたのブランドよりも大きくまたは目立たせて表示したり、あなたのブランドと隣接して表示させるいわゆる「ロックアップ」をしたりしてはなりません。

Unity のパートナーバッジに関するスタイルガイドも確認して、遵守するようにしてください。

公認バッジ固有のルール

公認バッジは、あなたの製品が実際に Unity の公認バッジの要件を満たしており、Unity が公認し、公認バッジの使用を認めた製品であるとして Unity によって継続的に承認されているという事実を示すためにのみ使用できます。

重要なことは、公認バッジの対象が製品であり、公認バッジを使用する承認を受けた人物のビジネス全般ではないということです。つまり、公認バッジは公認されている製品に関連してのみ、かつ Unity の要件に従って公認され続けている限りにおいてのみ使用することができます。

Unity の公認バッジに関するスタイルガイドも確認して、遵守するようにしてください。

Unity 認定資格

当社の Unity 認定資格(認定資格を希望する個人向けのもの、Unity のトレーニングや認定パートナー向けのものを含みます。)により特定の Unity のロゴやバッジの使用が許可される場合があります。これらのプログラムの詳細については、Unity 認定資格ポータルを参照してください。

常に Unity の本商標を正しく使用すること

商標の目的は、出所(製品やサービスの出所)を表示することです。商標が重要であるのはそのためです。製品やサービスを提供する者の営業上の信用を蓄積させ、消費者が製品やサービスの出所を理解するのに役立ちます。このため、以下に説明するように Unity の本商標を正しく使用するようにしてください。

  • Unity の本商標は形容詞としてのみ使用するものとします。本商標は形容詞とします。何かを説明または変更するものとし、名詞や動詞としては使用しないでください。
    Unity ソフトウェアを入手してください! Unity を入手してください!
  • Unity との提携関係や Unity により支持されていることを示唆することなく、Unity の製品やサービスについて説明するために Unity の本商標を使用してください。
    Unity ソフトウェアに関する XYZ チュートリアル Unity チュートリアル
  • Unity の本商標とその他のグラフィックや文字との間に十分な余白を確保することで、それぞれが独立の要素として理解されるようにしてください。
    Unity ソフトウェアに関する XYZ の教育ビデオ XYZ-Unity 教育用ビデオ
  • Unity の本商標は省略したり所有格を使用したりすることなく、そのまま使用してください。
    XYZ が Unity ML-Agents ツールキットを活用 XYZ が ML テクノロジーを活用
  • 正しい商標表示を行ってください。Unity の本商標が掲載されるあらゆる種類の刊行物(ウェブページやデジタル広告などのデジタル資料を含みます)にも、商標表示が必要となります。この表示はクレジット、フッター、その他類似の位置に表示することができます。表示の形式は次のようにしてください。
    • 「[本ウェブサイト/本資料/(製品/サービスまたは会社名)]は、ユニティ・テクノロジーズまたはその関連会社がスポンサーとなっているものではなく、ユニティ・テクノロジーズまたはその関連会社と提携しているものではありません。[Unity の本商標]は、米国およびその他の地域でのユニティ・テクノロジーズまたはその関連会社の商標または登録商標です。」
    • 例えば、「Unity」について言及している資料(かつ Unity のロゴが表示されていない)の場合:
    • 「本資料は、ユニティ・テクノロジーズまたはその関連会社がスポンサーとなっているものではなく、ユニティ・テクノロジーズまたはその関連会社と提携しているものではありません。「Unity」は米国およびその他の地域でのユニティ・テクノロジーズまたはその関連会社の商標または登録商標です。」

禁止されていること

前述のように、Unity の本商標は当社の最も重要な資産の一部です。このため、次の点に注意してください。

  • 本ガイドラインまたは Unity との別途の書面による契約に基づき許可されていない限り、Unity のロゴを使用しないこと。
  • あなたのビジネス、製品、サービスにおいて、またはソーシャルメディア上の名前やハンドル(ハッシュタグなど)、ドメイン名の一部として Unity の本商標(または誤認させるような類似の商標)を使用しないこと。
  • Unity との提携関係や Unity から承認されていることを示唆するような方法で Unity の本商標(または誤認させるような類似の商標)を使用しないこと。
  • Unity や Unity の製品やサービスの信用を落とすまたは誹謗する目的で Unity の本商標を使用しないこと。これには Unity の評判を傷つけるまたは Unity の本商標に関連付けられている営業上の信用に損害を与える可能性がある使用方法が含まれます。
  • Unity の製品やサービスのあらゆる宣伝を含め、誤解を招く恐れがある方法または不誠実な方法で Unity の本商標を使用しないこと。
  • Unity が好ましくないと判断する情報や資料との関連で Unity の本商標を使用しないこと。これには、Unity が次のいずれかの行為とみなすものが含まれます。
    • 第三者の特許権、著作権、商標権、企業秘密、人格権、その他知的財産権、パブリシティ権、プライバシー権を侵害、悪用し、または違反する行為並びに。適用される法律または規制に違反する行為、またはこれらの違反または何らかの責任を生じさせる行為を助長する行為。
    • 中傷的、卑猥、わいせつ、低俗、攻撃的な行為並びに、あらゆる個人やグループに対して、差別、偏見、人種差別、ヘイト、ハラスメント、または危害を加えることを助長する行為。
    • 他者にとって脅威となる暴力や行為を助長する行為。
    • 違法または害を及ぼす行為や物質を宣伝する行為。
  • Unity の本商標をキーワード、検索用語、メタデータ、その他オンライン広告サービスの識別子として使用しないこと。

商標権侵害を報告する

Unity の本商標と誤認されるような類似の商標を見つけた場合、または Unity の本商標の使用が本ガイドラインに違反していることに気付いた場合には、trademarks@unity3d.com までお知らせください。

ご質問/ロゴの使用許可申請

本ガイドラインに関するご質問がある場合や、ロゴの使用許可を申請される場合は、trademarks@unity3d.com までご連絡ください。申請の処理にはしばらくお時間をいただく場合がありますことをご理解ください。申請をされる際には、その申請に関連してあなたが提供された個人情報の収集および使用については、Unity のプライバシーポリシーが適用され、これに準拠することにあなたは同意し、了承するものとします。