Unity Teams 追加条項

最終更新日:2017 10 12

 

Unity Teams サービス(詳細は以下に定義)の使用には、Unityサービス利用規約を補完および統合する本追加条項(以下、「Unity Teams 条項」)が適用されます。いかなる形であっても、Unity Teams サービスにアクセスし、同サービスを購入し、または使用することにより、お客様は、本 Unity Teams 条項を読み理解したうえで、本条項に法的に拘束されると同時にかかる諸条件の遵守に同意することを表明し、確約するものとします。本 Unity Teams 条項に同意しない場合、Unity Teams サービスの使用はいかなる形であっても許可されません。

1.Unity Teams サービスの提供

1.1 Unity は、お客様とお客様のユーザーが(i)各種サポート対象のプラットフォーム用のサービスを構築してお客様のプロジェクトコンテンツに統合し、お客様のプロジェクトコンテンツを作成および改善するビルドを共有し、利用可能なビルドを特定の頒布パートナーに配信するための、および(ii)お客様のプロジェクトコンテンツの作業を協力して進め、アセットを管理するための、クラウドベースのサービス(以下、「Unity Teams サービス」)を提供します。

1.2 Unity は機能および価格が異なる各種の Unity Teams サービス プランを提供する場合があります。それらのプランの利用規約(制限、制約、およびその他の識別可能なプランの特徴を含むが、それらに限定されない)は、サイト上の現在の Unity Teams のプランのページで確認できます。最適な Unity Teams サービスのプランを選ぶ際には、これらのプランとその詳細を確認し、認識してください。異なるUnity Teams サービスについて説明するページは複数存在する場合があるため、Unity では該当する Unity Teams のプランのページをすべて確認するよう推奨しています。

1.3 Unity Teams サービスまたは Unity Teams サービスのプランが他の Unity 製品やサービスにバンドルされている場合(以下、「バンドルサービス」)、お客様による Unity Teams サービスの使用には、Unity によって別途書面で明示されない限り、本 Unity Teams 条項が適用されます。Unity によって別途書面で明示されない限り、Unity Teams サービスは、バンドルサービスのいずれかを初めてアクティベートするときにアクティベートされます。Unity はいつでも予告なくバンドルサービスを変更する権利を留保します。

2.登録

2.1 Unity Teams サービスを使用するには、Unity アカウント(または Unity によって指定されたその他のアカウント)が必要です。

2.2 Unity Teams サービスの登録プロセス中に、Unity アカウントに登録するときに提供した情報に加えて特定の情報が求められる場合があります。

2.3 お客様またはお客様のユーザーに対して発行された、お客様またはお客様のユーザーが作成した、あるいはお客様またはお客様のユーザーが保持している、Unity Teams サービスに適用されるすべてのログイン、パスワード、その他認証情報(以下、「認証情報」)のセキュリティの管理については、お客様が責任を負うものとします。またお客様は、認証情報に対して、認証情報を通じて、または認証情報に基づいて、あるいはお客様のプロジェクトコンテンツまたはお客様のアカウント(ユーザーアカウントを含む)に関連して行われる、いかなる、そしてすべての行為についても、お客様またはお客様のユーザーのいずれによるものかを問わず責任を負い、かかる行為について Unity が責任を負わないことに同意するものとします。お客様は、これには Unity Teams サービスの設定、管理、監視、実装を可能にするあらゆるサービスパネルまたはその他のインターフェースの使用が含まれることに合意するものとします。またお客様は、かかるアカウントまたは認証情報の不正使用、およびお客様のアカウント(ユーザーアカウントを含む)、認証情報、Unity Teams サービスの使用に関連するその他のセキュリティ違反について Unity に直ちに通知することに同意するものとします。

3.使用権

3.1 お客様が本契約の利用規約を遵守することを条件として、Unity は、お客様およびお客様のユーザーがお客様のプロジェクトコンテンツを開発、共有、頒布するために Unity Teams サービスおよび Unity のテクノロジーを使用することに対し、限定的、世界規模、非独占的、譲渡不可、再許諾不可、取消可能で、ロイヤルティフリーのライセンスを付与します。前述のライセンスは、お客様が Unity Teams サービスの現在有効なサブスクリプションを有し、本 Unity Teams 条項を遵守している場合に限り適用されます。

3.2 Unity Teams サービスを使用することにより、Unity Teams サービスを提供することのみを目的として、お客様のプロジェクトコンテンツおよびチームコンテンツを使用、格納、再生、頒布、転送するための、限定的、世界規模、非独占的、譲渡可能、再許諾可能、取消不能の権利を Unity に付与するものとします。サーバー URL、ソース管理アクセス用の認証情報、アプリケーション ID、ローカルに作成したビルド、プラットフォームおよびプロビジョニングファイルを含む、お客様のプロジェクトコンテンツまたはチームコンテンツに関する情報をお客様が提供する場合、お客様は Unity に対し、Unity Teams サービスを提供する目的でこれを使用すること(ファイルが更新されたかどうかを確認する目的でファイルを自動ポーリングするための使用、新しいビルドを開始する必要があるかどうかを判断するための使用、またはサポートの照会への対処に関連した使用を含む)を許可することになります。

3.3 お客様は、お客様およびお客様のすべてのユーザーが、直接的にも間接的にも、以下の禁止行為のいずれも奨励または実施しないことに同意するものとします。

(i)Unity Teams サービスの公式にサポートされているインターフェースを経由する以外の方法で、Unity Teams サービスおよび Unity Technology から素材を自動的にダウンロードするために、「Web クローラー」、ボット、またはその他のタイプのソフトウェアまたはハードウェアテクノロジーを使用すること。

(ii)Unity Teams サービスの公式にサポートされているインターフェースを経由する以外の方法で、Unity Teams サービスの任意の部分に対してアクセス、検索、または使用を試みること。

(iii)Unity Teams サービスの任意の部分の脆弱性を精査、スキャン、またはテストしようとすること。

(iv)受ける資格があるよりも多くの権利(たとえば、より多くのストレージまたはその他の機能)を得るために紹介、プロモーション、またはその他のアクティビティを乱用すること。

(v)Unity Teams に関連付けられているユーザーまたはストレージの制限、その他のライセンス、時間、使用の制限を回避しようとすること。

(vi)セキュリティまたは認証の手段を侵害すること、または侵害しようとすること。

(vii)コンテンツ配信ネットワーク機能を提供または支援するために、Unity Teams サービスを使用すること。

(viii)サービス利用規約に違反して、Unity Teams サービスの任意の部分を第三者に販売、再販、レンタル、リースすること、あるいは別の方法で Unity Teams サービスに対するアクセスを供給または提供すること。

(ix)Unity Teams サービスの任意の部分を改変、複製し、またはUnity Teams サービスの任意の部分の派生物を作成しようとすること。

(x)Unity Teams サービスの任意の部分をリバースエンジニアリング、逆アセンブル、または逆コンパイルすること、または Unity Teams サービスの任意の部分のソースコードを取り出そうとすること(適用される法律によって許可されている範囲を除く)。

(xi)お客様のプロジェクトコンテンツに関係のない個人、素材、またはコンテンツに関連する個人データや個人情報、識別データや識別情報を転送または格納すること。

(xii)任意の法律、あるいは任意の人物または関係者の知的財産権またはプライバシー権/人格権に違反する形で Unity Teams サービスを使用すること。

(xiii)Unity Teams サービスに関連するネットワークまたはコンピューターシステムの妨害または中断を(たとえば、ウイルスを介して、または Unity のネットワークインフラストラクチャーに過剰な負荷をかけることによって)試みること。

(xiv)書面による Unity の事前の承諾を得ずに、Unity Teams サービスのベンチマークの結果を公開すること。

(xv)Unity Teams サービスの類似するアイデア、特徴、機能、UI、または UX を使用して競合製品またはサービスを開発またはビルドするために、Unity Teams サービスまたは Unity Technology にアクセスすること。

(xvi)Unity Teams サービスまたはサイトに関連付けまたは接続されておらず、関連もしていない、 Unity Teams サービスまたはサイトへのインターネット「リンク」を作成すること。

(xvii)お客様に適用されるサービス利用規約に違反する結果となるような方法で Unity Teams サービスを使用すること(Unity ソフトウェアの 1 つのティアで開発されたお客様のプロジェクトコンテンツを、別のティアで開発されたお客様のプロジェクトコンテンツのいずれかと組み合わせまたは統合することに対する制限を含む)。

お客様は、お客様またはお客様のユーザーが前述の制限事項のいずれかに違反した場合に、お客様およびお客様のユーザーが Unity Teams サービスにアクセスして同サービスを使用する能力を直ちに中断または終了する権利を Unity が留保することに合意するものとします。

4.テスト

4.1 Unity は、お客様がお客様のプロジェクトコンテンツをテストするために使用できる Unity Teams サービスを提供する場合があります。お客様は、お客様のプロジェクトコンテンツをテストすることに関連したすべてのサービス、プロセス、および手法について全責任を負います。これには、お客様のプロジェクトコンテンツに対するテストサービスを提供するすべての関係者、個人、団体を手配することと、テストによって派生または生成した、あるいはテストに関連したすべてのデータ、素材、および情報が含まれます。

4.2 すべてのテスト履行者には本 Unity Teams 条項の利用規約が適用され、お客様は、かかるテスト履行者が本 Unity Teams 条項と実質的に類似する契約条件に拘束されることにあらかじめ同意していることを証明するものとします。

5.プロモーション

Unity は、単独の裁量により、Unity Teams サービス、バンドルサービス、および/またはそのプランと特徴を促進するプロモーション、キャンペーン、割引、またはその他の広告(以下、総称して、および個別に「プロモーション」)を変更、中断、または中止する権利を留保します。Unity は、お客様がプロモーションの特典を確実に最大限に活用できるように、プロモ―ションの全ての規約を確認することを推奨します。

6.ご契約のプランの変更(ご契約のプランのアップグレードまたはダウングレード)

お客様は、ご契約のプランの請求サイクルに応じて、プランをアップグレードまたはダウングレードする機会を得る場合があります。Unity によって別途明示されない限り、ご契約のプランの変更(アップグレードまたはダウングレード)は、新しいプランの次の請求サイクルから有効になります。例として、月額プランを選択した場合、ご契約のプランに対する変更は、次月の請求サイクルにおいて有効になります。

7.責任、免責、責任の制限

7.1 お客様は、お客様およびお客様のユーザーによる Unity Teams サービスの使用に関連するすべてのリスクを評価し、負担する必要があることを理解するものとします。上記に限らず、ユーザーがこれらの条項に違反した、または Unity に対する法的責任を構成するような形でコラボレーションサービスを使用したと Unity によって見なされた場合、お客様は Unity からの要求に応じて、お客様のプロジェクトコンテンツおよびコラボレーションサービスに対する当該ユーザーのアクセスを中断または終了することに同意するものとします。

7.2 Unity Teams サービスおよび Unity Technology と組み合わされた任意の第三者ソフトウェアについては、お客様またはかかるソフトウェアを提供している第三者、あるいはその両者が全責任を負うものとします。

7.3 お客様は、お客様が提供するソースコードまたはその他の素材とツール、チームコンテンツ、およびお客様のプロジェクトコンテンツに対して Unity がアクセス、複製、変更、およびコンパイルを行うために必要なリリース、同意、ライセンス、またはその他の権利(総称して「同意」という)の取得に対して管理上および財務上の責任を負うものとします。同意の取得に関連する費用は料金に含まれず、お客様が全責任を負うものとします。

7.4 お客様は、お客様が本サービスを介して格納する任意のコンテンツまたはその他のデータの保守とバックアップの責任を負うものとします。

7.5 上記を制限することなく、お客様は、Unity Teams サービスに関連して提供された任意の第三者サービス(お客様またはユーザーがお客様のプロジェクトコンテンツまたはチームコンテンツ、あるいはその両方のビルドを任意のソフトウェア頒布プラットフォーム/ストア(以下、「ストア」)に送信することを許可する機能を含む)について Unity が一切の責任を負わず、いかなる種類の保証または表明も行わないことを理解し、同意するものとします。さらに、利用規約の免責および責任の制限は、Unity Teams サービスに関連して、Unity がかかる第三者サービスを利用可能にすることに関しても適用されます。

「送信」、「ストアへプッシュ」、またはその他同様のインジケーターをクリックすることにより、お客様は、Unity が関連するビルドを指定されたストアに提供すること、およびストアプロバイダーによる、またはストアプロバイダーを経由した送信および公開を実現するために必要な、任意のデータ(ユーザーに関するデータを含む場合がある)を、そのストアプロバイダーに提供することに同意するものとします。これに関連して、お客様は、そのデータの提供に同意するために必要なすべての権利を自身が有することを表明し、保証するものとします。

お客様またはユーザーによる、かかる第三者サービスの使用は、お客様が自らの責任で行うものとします。お客様は、かかる第三者サービスへの送信、およびかかるサービスの使用に関する利用規約(データプライバシーに関するものを含む)を確認および理解し、ユーザーにこれを確認および理解させることを表明し、保証する必要があります。

8.アカウントの解約

8.1 お客様が Unity Teams サービスアカウントを完全に解約することを希望する場合は、support.unity3d.com にサポートチケットを送信するか、 Unityのメールアドレス(support@unity3d.com)に電子メールを送信し、アカウントを永久に解約することを要求できます。Unity は、かかる要求に従ってお客様のアカウントを削除します。その後、お客様はアカウントまたはチームコンテンツにアクセスできなくなるため、アカウントの解約を要求する前に、自身のチームコンテンツのバックアップファイルを作成してください。

8.2 お客様は、お客様の Unity Teams サービスアカウントまたはお客様の Unity アカウントが解約または中断された後、お客様およびお客様のユーザーがお客様の Unity Teams サービスアカウント、Unity Teams サービス、およびチームコンテンツにアクセスして使用することはできなくなり、かかる時点で Unity がチームコンテンツを即時に削除する可能性があることを理解し、それに同意するものとします。Unity は、かかる解約またはチームコンテンツの削除に関連して、お客様またはいかなる第三者に対しても責任を負わないものとします。Unity Teams サービスアカウントを削除しても、Unity アカウントまたはその他の Unity サービスアカウントは削除されません。さらに Unity には、当社のデータベースに格納されているお客様の Unity Teams サービスアカウントに関連した情報を維持する義務はありません。

9.フィードバック

お客様は Unity にフィードバックを提供することを要求されませんが、提供する場合は、Unity がフィードバックを所有するものとします。お客様は、Unity、その関連会社およびライセンス保持者が制限なく利用できる、フィードバックについての、およびフィードバックに対するすべての権利、権限、利益(すべての知的財産および所有権を含む)を Unity に取消不能な形で譲渡するものとします。

10.定義

本 Unity Teams 条項で使用される「フィードバック」とは、Unity Teams サービスに対する改善点または追加の特徴や機能について、お客様が Unity またはその関連会社に提供する提案またはその他のフィードバック(Unity が所有または管理するサイトまたはその他のフォーラムや財産にお客様が投稿した提案とフィードバックを含む)を意味します。

チームコンテンツ」とは、お客様のプロジェクトコンテンツ、およびお客様またはお客様のユーザーがお客様のプロジェクトコンテンツに関連して Unity Teams サービスにアップロード、格納、または転送するすべてのコンピューターファイル、テキスト、グラフィックス、イメージ、音楽、オーディオ、ビデオ、情報、データ、およびその他の素材またはコンテンツを意味します。

本 Unity Teams 条項で使用される「ユーザー」とは、お客様、お客様の従業員、お客様の請負業者、およびその他の、Unity Teams サービスで許可され、お客様のプランに従って、お客様のプロジェクトコンテンツのいずれかについてお客様が提携する者を意味します。

お客様のプロジェクトコンテンツ」とは、Unity ソフトウェアを使用して開発するゲーム、アプリケーション、ソフトウェア、その他のコンテンツを意味します。

Back to Top