Unityの検索機能

激突、衝突、破壊! 爽快感抜群のカーバトルアクション

Destruction Crew は Unity Multiplayer を用いて、どのようにモバイルゲームのヒット作を制作したのか

Demolition Derby:モバイルゲーム向けUnityのケーススタディ

オランダの 3 人のインディースタジオである Destruction Crew は、スタントーカーレースのクラッシュ、カオス、騒乱に夢中になり、それを再現した人気のモバイルゲームを作り出しました。

ゲーム

Demolition Derby, リアルタイムのオンラインマルチプレイヤークラッシュ・レーシングアーケードゲーム

目標

プレイヤーを惹き込むことができる素晴らしいマルチプレイヤー体験を作る

対応プラットフォーム

iOS、Android 向け VR(各種ヘッドセット)、Windows ストアアプリ

チームメンバー

3

所在地

Emmen、オランダ

Demolition Derby』は Unity のマルチプレイヤー機能、アセットストア、およびマルチプラットフォームサポートのおかげで、1,500 万回を超えるダウンロード数を達成し、大ヒットを収めたゲームです。

Unity によってなし得たこと

  • Unity Multiplayer を用いて、200 人から 5,000 人まで同時ユーザー数を増加させた
  • アセットの利用で自動車モデルの制作時間を数か月から数週間まで短縮
  • 1,500 万回以上のダウンロード数
  • 「Unite Europe 2017」で Made with Unity ショーケースに掲載
Demolition Derby: Unity for mobile games case study
Destruction Crew の CTO である Steven Derks 氏は、マルチプレイヤー機能、継続的なアップデート、Unity コミュニティがどのようにゲームの水準を上げるのかを語っています。

マルチプレイヤーゲームを最も簡単に作る

ゲーム制作を始めるときは、あなたが知っている、そして好きなものから始めるとよいでしょう。それはまさしく Destruction Crew が行なっていることです。

「私たちは常に超面白く、高速なアクション、破壊的なカーレースなどのゲームを愛している。それらに独自のひねりを加えることで、私たちにどんなユニークなゲームが作れるかを見たいと思っていた」と Destruction Crew のリードプログラマー兼共同設立者、Steven Derks 氏は語ります。「ただ一つ言えることは、みんな破壊ものが大好きだということです」

Destruction Crew にとって、自社のゲームが持つダイナミックな特徴を考えれば、プレイヤー同士でオンライン対戦できるということがプレイヤーが求めることであることは当然のことのように思われました。

「AI(人工知能)とのプレイやボットとのプレイは本当に楽しい時間ですが、リアルのプレイヤーとプレイするのはもっと楽しいですよ」と Derks 氏は語ります。「実際、誰かの車にリアルタイムで激突するとき、あなたは 『そら、これで終わりだ!』と言ってしまうことでしょう。 Unity Multiplayer を使うことで、簡単にリッチな体験を作り出すことができました」

ネットワークごしの物理演算、同時ユーザー制限、そして収益化プランの必要性などの問題が、リソースも限られている 3 人だけのチームにとって課題となりました。しかし、Unity は、これらの課題を克服するために役立つ多くの機能を提供したのです。

Demolition Derby car art

ネットワークごしの物理演算が素晴らしいユーザー体験を生み出す

Destruction Crew が優れたオンラインマルチプレイヤー体験を提供できた要素の 1 つに、Unity の API を介したネットワーク上の物理演算があります。これにより、物理演算のシミュレーションが容易となり、どのクライアントでも物理がまともに計算されていると感じられる程度に、物理演算結果をクライアント間で近づけることができたのです。

このとき、Unity のデフォルトの NetworkTransform を使わず、カスタムの NetworkTransform を構築しました。これは、設計、コード化、テストに約 1 か月かかりました。

「Unity のネットワーク・シリアライゼーションのおかげで、すべてのクライアントに対して、物理演算のシミュレーションに必要な物理データをすべて、簡単に送信することができたよ」と Derks 氏は語ります。「ネットワーク API の実装がいたってシンブルなおかげで、ネットワーク上の物理演算を問題なく実装することができる。これは、マルチプレイヤーのモバイルカーゲームでは非常に重要なことだった」

また、Destruction Crew が高く評価した別のマルチプレイヤー機能として、プライベートルームを作る機能がありました。

「Unity を使うとパスワードを設定するだけで基本的に完了。友人と一緒にプレイしたいときは、プライベートルームを作ったり、パスワードも保護できる、それだけでプレイが始められるんだ」と Derks 氏は語ります。

Demolition Derby multiplayer test

プレイヤーの需要に合わせて拡大する

リリース前、Destruction Crew は、プレイヤーがマルチプレイヤー版を気に入ってくれればと願っていました。そして、実際リリースしてみると、予想以上の人気に驚くことになりました。

「最初は 200 人の同時接続数(CCU)だった。我々はこれで十分だろうと思っていたけども、念のために、CCU 上限を 1000 に引き上げたんだ。ところが、1 週間もしないうちに、最大 5000 人ものユーザーに増えていた。これは設定した上限以上だったけど、Unity チームのおかげで、上限を上げることも簡単にできるんだ。このバックエンドの柔軟性により、何の問題もなく 5000 CCU まで増大することができたんだよ」と Derks 氏は語ります。

アセットストアを利用して短期間で新たな車のスキンを提供

車を激突させる競技が大好きなプレイヤーは、たいてい車の愛好家でもありますから、厳選したクールな車のコレクションから車を選んで、それで遊べるというのは重要なことでした。しかし、少人数で運営する Destruction Crew チームにとって、すべての車を最初から作るのは多大な時間が必要になります。

「私たちはプレイヤーに選べる車をたくさん与えたいと思っていましたが、ゼロから車を作ることは非常にリソースを必要としました」と Destruction Crew のゲームデザイナー兼創設者、Nick Timmer 氏は語ります。

その解決策として、Unity アセットストアから車のパックを購入し、UV マッピングテクスチャを変更する独自のスタイルに適合させることで、独自のカスタムテクスチャとスキンを適用することができました。

「アセットストアは特に不可欠でした。 私は車を 1 から構築するのはどんなものなのか想像もできませんでした。多分、数週間ではなく数か月はかかったでしょう」と Timmer 氏は語りました。

Customizing Unity Asset Store car textures

市場性の高い車を作る

車はこのようにゲームの重要な一部なので、Destruction Crew ではプレイヤーが、たとえば、新しいバンパーや車輪で車をカスタマイズできるようにしようと決めました。彼らはそれからさらに一歩踏み込み、カスタマイズ自体をマネタイゼーションに組み込んだのです。

「通常、プレイヤーはゲームで一定レベルに達した場合にのみ、自分の車をカスタマイズすることができるが、私たちがブラックマーケットと呼ぶ、一定レベルに達していないプレイヤーでも、アプリ内課金 (IAP)としてカスタマイズパーツを購入できる仕組みを導入するのがよいと考えたんだ。」

当初、Destruction Crew は IAP をスムーズに動作させる上でいくつかの課題に直面し、開発が足踏み状態になっていました。しかし、Unity IAP を実装するとすぐに、すべてが良い方向へと動き始めました。

「以前は他のプラグインを使ってたけど、いつも少し面倒で使いにくかったんだ。我々はプラットフォームごとにインポートするけど、さまざまな問題が起きた。その点、Unity IAP は実に簡単で、プラットフォームごとにインポートし、いくつかの機能を取り付けたら基本的に完了。ただそれだけさ」とDerks 氏は語ります。

継続的な更新とコミュニティサポート

Destruction Crew では、ベータ版の Unity Multiplayer ソリューションを使用していました。初期のバージョンでは機能があちらこちら欠けていましたが、Unity Pro では頻繁な更新が行なわれていたため、ゲームを開発しても問題は発生しませんでした。 Unity Pro.

「なにか欲しい機能がなくても、文字通りほぼ翌日に、それを含む Unity の更新が行なわれていました」と Derks 氏は語ります。

チームはゲームを開発する際、機能とは別の、いくつかの課題にぶつかっていました。ただし、この場合においては、彼らは常に Unity コミュニティ内の支援で解決法を見つけることができました。

「Unity コミュニティは、問題解決に大きく役立っています。また、いつも本当に助けられています。私たちは、通常 Stack Overflow と Unity フォーラムを活用していますが、調べると 10 回中 9 回は解決策が見つかります」

どんなプラットフォーム、テクノロジーでも

Demolition Derby Multiplayer』は、当初、iOS、Android、Windows ストアアプリなどにリリースされていましたが、Destruction Crew は各プラットフォームに対応することが非常に簡単なことに気付きました。

「テクスチャやメッシュの圧縮設定など、いくつかの設定を変更するだけで、ほぼビルドして実行することができました」

また、VR が市場に影響を与えつつあることで、それが彼らのゲームにとって素晴らしいプラットフォームであるように思えました。そして、VR バージョンを作ることも、とても簡単でした。

「それまで私たちはモバイルゲーム制作だけを行なっていましたが、Unity のすばらしい点の 1 つは、どんな優れた新技術が現れてもサポートしてくれることです。そのおかげで、弊社のモバイルゲームの VR バージョンを作る準備は、プラグインをいくつか追加しただけで完了でした」と Timmer 氏は語ります。

「Unity を使うとネットワーク上の物理演算を簡単に実装できる。これは、通常、非常に難しいことなんだ。ネットワーク API が非常にシンプルに実装されているから、ネットワーク上の物理演算を問題なく実装できるのさ。これは、マルチプレイヤーのモバイルカーゲームにとっては実に重要なことだった」

— Steven Derks(『Destruction Crew』のリードプログラマー兼創設者)

Unity でモバイル向けゲームの制作を始めるには?

Unity でモバイルゲームを制作するにあたって、時間を短縮するためのヒントや役立つ情報、リソースを備えた実践的なガイドを参考にしましょう。

関連するケーススタディ

OK

弊社の Webサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。 詳細はこちらをクリックしてください。