Unityの検索機能

未来への飛躍を実現する

始めよう

Magic Leap One の開発者版(Creator Edition)

光る波でサーフィンを体験

Magic Leap One の Lightwear ヘッドセットを使うと、ナチュラルな光波とデジタルライトフィールド方式により、信じられないほどリアルな体験を実現することができます。

コンピュータービジョン

高度なセンサーにより、デジタルオブジェクトは物理的環境と相互作用することができます。それはまるで実際に存在しているかのようにデジタルな魔法の世界を作ります。

永続オブジェクト

メッシュ生成技術は、物理的な環境をデジタル化しオブジェクトを複製するので、実際の生活と同じようにオブジェクトがあなたの望む場所に表示されます。

コンピューティング端末「Lightpack」

統合されたGPUとCPUからの高速処理能力は、ハイパーリアルな体験を実現するためのハイパーリアルなグラフィックを生成 - ポケットにクリップ留めできるような携帯用の「Lightpack」にすべて搭載されています。

サウンドフィールドオーディオ

新世界はその場に実在するかように見えるだけでなく、サウンドも実際聞こえます。サウンドフィールドオーディオは、距離感と強度を本物のような精度で伝えるので、T-Rex がどのくらいの速さであなたに追いつくかを知るために頭の向きを変えて振り返る必要はありません。

未来のインターフェイス

音声、ジェスチャー、頭部姿勢、アイトラッキングなどを統合して、人間生理学からインスピレーションを得た唯一の空間コンピューティングシステムを開発しました。これを使用すると、モデルなど非現実的なものが現実に存在しているかのように見えるようになります。

Magicverse であなたの空間・世界をつくる

Magic Kit は、サンプルコード、技術情報、デザインのスケジュール・タスク管理を備えたパワフルで進化し続けているツールキットです。空間コンピューティングでトレーニングを迅速に行い、ハイクオリティな複合現実でヴァーチャル世界のオブジェクトが現実世界の環境と相互作用を作り、Magicverse を通じてナビゲートの手助けをします。これは、第一歩にすぎません。

Magic Leap クリエイターポータルに参加
開発に関する知恵

Magic Leap Creator Portal は、チュートリアルのビデオ、ソースコードサンプル、およびデザインに役立つベストプラクティスのためのワンストップショップです。

作成

あなたのビジョンを実現するための Magic Leap コミュニティのフォーラムやテクニカルガイダンスにアクセスしましょう。

公開

Magic Leap World は、Magic Leap One の開発者版(Creator Edition)向けにデザイン、開発された次世代アプリがいっぱいのマーケットプレイスです。

物理的なモノをデジタル化する

ヘッドポーズトラッキング、レイキャスティング、メッシング、平面検出など – Luminium SDK には、物理環境の本物の模倣品として作成されるレプリカを作成するために必要なツールがすべてあります。

高速に構築する

Unity Editor を使用すると、デバイスに展開することなく Magic Leap のLightwear ヘッドセットを介して、その場の判断で、進捗状況を確認できます。Simulator には、Lumina SDK の主な機能が付いてきます。

作成し、装飾を施す

雑然とした寮、禅ガーデン、おそらく猫でいっぱいのラウンジさえも ー Virtual Room Generator またはランドマイザーを使用し、自分自身のバーチャル・ルームを作成および探求します。

Get started with Magic Leap

Before embarking on your quest, let's get you set up.

  1. To take the leap, download the SDK or get the Magic Leap one.
  2. If you haven’t already, we recommend downloading the latest release of Unity to use the Magic Leap Technical Preview. This can be installed alongside other builds.
  3. Download the Lumin SDK from the Magic Leap Creator Portal.

Magic Leap のテクニカルプレビュー版は、Unity 2018.1 に対して構築されています。テクニカルプレビューには 2018.1 の機能に加えて、 Magic Leap の新しいビルドターゲットをご用意しています。

最新版

テクニカルプレビューは、他の Unity ビルドと同様にインストールすることができます。

Mac OS X向けインストーラーをダウンロードするには? Mac OS Xを選択する Windows向けインストーラーをダウンロードするには? Windowsを選択する

リリースノート

7 December 2018

Improvements

  • iOS: Add device generation enums for the new iPad pro

Fixes

  • Animation: Fixed Animation Window selection of nested Animation component hierarchies children of Animator component hierarchies. (1089015)

  • Animation: Fixed Animation Window selection of nested Animation component hierarchies children of Animator component hierarchies. (1089015, 1096352)

  • Build Pipeline: Fixed "Couldn't call method ShowProfilerWindow" error during Build & Run with the Autoconnect Profiler option set. (1059763)

  • Build Pipeline: Fixed Build & Run with Autoconnect Profiler. (1059763)

  • Editor: Fixed this issue by restricting the insertion of menu items into a given submenu to a prescribed limit of 1000 items and displays a warning about the same. (1039181)

  • GI: Fixed an ordering issue with textures when baking in auto mode. (1064388)

  • Graphics: Fixed crash if a shader attempts to access a ComputeBuffer that is not set. (1083323)

  • IL2CPP: Fixed IL2CPP build failing if Visual Studio 2019 is installed on the machine.

  • IL2CPP: Fixed non-zero based arrays via Array.CreateInstance not being correctly created. (1099608)

  • IL2CPP: Fixed string fields of types marked with CharSet.Auto as Unicode not being properly marshalled. (1087594)

  • Networking: Fixed syncvar variables sequential refreshing issue. (1085466, 1102859)

  • Physics: Fixed RaycastHit.textureCoord performance issue, was internally copying whole mesh index buffer for no good reason. (1065218)

  • Scripting: Fixed an issue where SynchronizationContext.Current.CreateCopy would return a default SynchronizationContext and not a UnitySynchronizationContext. (1096869)

  • Scripting: Fixed scripting runtime version not changing when modifing it on ProjectSettings.asset from any external tool like version control / overwriting the file / etc. (1010811)

  • Universal Windows Platform: Fixed an assert that is triggered when Xbox gamepads are disconnected in some situations. (1080114)

  • Universal Windows Platform: Fixed crash on app start when using LWRP. (1064175)

NOTE: Due to a breaking change in version 0.15 of the Lumin SDK, MLTP6 is incompatible with previous versions of the Lumin SDK.

アーカイブ

バージョン リリースノート ダウンロード
Unity 2018.1 Magic Leap Technical Preview Release 9 リリースノート

リリースノート

15 November 2018

Unity 2018.1.9f2-MLTP9

Windows / OS X
Unity 2018.1 Magic Leap Technical Preview Update 8 リリースノート

リリースノート

5 September 2018

Unity 2018.1.9f1-MLTP8

Release Notes

  • Fix hanging after OnStop is sent by Lifecycle
  • TemporaryCachePath should be set by Lifecycle not hard-coded in
  • Allow multiple components in the custom manifest file
  • Remove Single Pass rendering option, as it was never supported. This is different from Single Pass Instanced (which is supported).
  • Update default far clip to 5 in the MagicLeap template.
  • Update Unity to 2018.1.9f1
Windows / OS X
Unity 2018.1 Magic Leap Technical Preview Update 7 リリースノート

リリースノート

25 July 2018

Release Notes

  • Update to 2018.1.6f1
  • MLSpatialMapper: Remove tooltip referencing non existent 'block' mesh type
  • MLSpatialMapper: Changing the LOD now causes all meshes within the current bounds to regenerate.
  • A warning concerning duplicate GUIDs in the Editor has been fixed.
  • [il2cpp] Fix a bug so IL2CPP will always emit null checks in generated code.
  • [il2cpp] Fix a bug that was causing il2cpp to deadlock on shutdown whenever any ML API was used from managed code.
  • Update LWRP package in lw vr template to 1.1.11-preview
  • (Experimental) Add support for selecting ML privileges from Player Settings; these privileges are then automatically added to the ML package manifest.
  • Improve error logging for errors generated when attempting to acquire a snapshot from the ML Perception API.
  • Change logic so that if the icon resource is in the project folder we use a relative path.
  • Add new exception specific to a manifest merge so that we can give users a better error when a problem occurs.
  • Fix convergence point assignment order issue
  • [il2cpp] Restore Lumin clock back to CLOCK_MONOTONIC instead of CLOCK_REALTIME introduced in past. This addresses numerous timing issues in IL2CPP when running on ML devices.
  • Add notification to user when Zero iteration is already enabled
  • Add a less scary message to the logs when Unity is launched with no "launch" arguments
Windows / OS X
Unity 2018.1 Magic Leap Technical Preview Update 6 リリースノート

リリースノート

23 June 2018

NOTE: Due to a breaking change in version 0.15 of the Lumin SDK, MLTP6 is incompatible with previous versions of the Lumin SDK

Windows / OS X
Unity 2018.1 Magic Leap Technical Preview Update 5 リリースノート

リリースノート

15 May 2018

NOTE: Due to a breaking change in version 0.14 of the Lumin SDK, MLTP4 is incompatible with previous versions of the Lumin SDK

Windows / OS X
Unity 2018.1 Magic Leap Technical Preview Update 4 リリースノート

リリースノート

1 May 2018

  • Alter MPK build process to allow for unsigned builds
  • Log MLSDK Version on Lumin Player startup when running on device.
  • Update Build Process to reflect new manifest requirements
  • Fix fog color to transparent black in Lumin template sample scene.
  • Fix logic so no meta data is copied into the MPK
  • Set up a ML specific default camera and adjust the near clipping plane down to 0.37
  • Alter manifest creation logic so that we match the new schema

Known Issues:

  • The 'VR/SpatialMapping/Wireframe' shader only renders in the left eye when Single Pass Instancing is enabled
Windows / OS X
Unity 2018.1 Magic Leap Technical Preview Update 3 リリースノート

リリースノート

17 April 2018

NOTE: Due to a breaking change in version 0.12 of the Lumin SDK, MLTP3 is incompatible with previous versions of the Lumin SDK

  • Magic Leap template defaults to Windows GLCore
  • Removes meshing-related debug log spam (if user changes bounds frequently)
  • Improve GPU performance reporting on ML Hardware
  • Improve error message when attempting to build without a valid certificate
  • Cleanup unused video integration code
  • Check for empty string to account for case when user hit cancel on the file finder dialog

Known Issues:

  • The 'VR/SpatialMapping/Wireframe' shader only renders in the left eye when Single Pass Instancing is enabled
  • The Unity Profiler fails to connect to a Magic Leap device
Windows / OS X
Unity 2018.1 Magic Leap Technical Preview Update 2 リリースノート

リリースノート

5 April 2018

  • Upgrade to 2018.1b12
  • FMOD uses setpriority on threads
  • Add a worker thread to Denver
  • Fix flipped images when using Oculus headsets with OpenGL SPI
  • Workaround potential race condition when restarting Editor to import MLRemote libs
  • Fix logic so that the ZI re-import dialog appears when manually editing the text field of the Lumin SDK path.
  • Improved stacktrace support in IL2CPP on Lumin OS
  • Updated template far plane to 10m
  • Enable Crunch texture support

Known Issues:

  • The 'VR/SpatialMapping/Wireframe' shader only renders in the left eye when Single Pass Instancing is enabled
Windows / OS X
Unity 2018.1 Magic Leap Technical Preview リリースノート

リリースノート

19 March 2018

Unity 2018.1 Magic Leap Technical Preview

Windows / OS X
OK

弊社の Webサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。 詳細はこちらをクリックしてください。