Unityの検索機能

Xiaomi開発者クイックスタートガイド

概要

本ガイドは、開発者がXiaomi Miアプリセンタープラットフォームのアプリケーションをすばやく構築し、デプロイすることを目的としています。ガイドでは、いくつかのトピックを簡単に解説しています。さらに詳細を知りたい場合は、以下のリソースに目を通すことを特にお薦めします。

Unity を使った Mi appCenter への公開プロセスは、大きく分けて 4 つの手順からなります。以下で説明します。

  • Xiaomi 向けのアプリを構築する
  • Xiaomi にあなたのアプリを配信する
  • Xiaomi の開発者ポータルでアプリを設定する
  • 製品版ビルドを作成し、ローンチする

Xiaomi 向けのアプリを構築する

まず、プロジェクトに Xiaomi 向け Unity Channel SDK を追加します。

アプリがアプリ内課金を使用している場合、Unity IAP を有効にしてコンポーネントをインストールすると、必要な SDK がインストールされます(下記のアプリ内課金の使用に関するセクションを参照してください)。

アプリでアプリ内課金を使っていない場合は、スタンドアロン SDK をダウンロードします。

  • Unity 2017.1 の場合、Unity Xiaomi パッケージを Unity アセットストアからダウンロードして、プロジェクトにそれを追加します(Unity エディターで、Assets > Import Package > Custom Packageの順に選択して、アセットパッケージのファイルの場所を指定する)。
  • Unity 2017.2 の場合は、Platform メニューからAndroid を選択し、表示される Xiaomi Game Center メニューオプションから Add を選択して、Build Settings ウィンドウ(File > Build Settings)の順にスタンドアロン SDK をインストールします。

この SDK は Mi appCenter へのアクセスを提供し、Xiaomi で使う特定の Unityサービスを有効にします。

次に、Unity Channel の AppStoreSettings インターフェイスアセットを使用して、ビルドのアプリストア設定を追加します。
  • エディターで、Assets > Create > App Store Settingsの順に選択します。
  • Asset を選択してインスペクターを表示します。次に、Generate Unity Client を選択して Xiaomi がクライアントとサーバー間の通信に必要な認証情報を入力します。
  • Test Mode ボックスを選択して、テストモードを有効にします(IAP 統合テストと Xiaomi への申請に必要)。
  • Save All Settings を選択して、Unity サーバーにこのデータを保存します。

注: このアセットは Unity 5.6 以降でご利用できます。Unity 5.3 または 5.4 をお使いの場合は、これらの設定をご利用できます。ここをクリックしてご確認ください。

次の 2 つの方法のいずれかを使用してアプリをビルドします。
  • ローカルの Android で APK ビルドを作成します(エディタで、File > Build Settings… > Android > Buildの順に選択してください。こちらから Android 向けビルドに関するドキュメントを参照できます)
  • Unity Cloud Buildを使用して、Android ビルドターゲットでプロジェクトを設定してアップロードします。

Xiaomi にあなたのアプリを配信する

Unity Developer Dashboardで、プロジェクトに移動し、左側のナビゲーションメニューから Cloud Build > History の順に選択します。

ローカルでアプリを開発した場合は、 Uploadを選択します。次に、APKファイルを選択してアップロードします。Unity Cloud Buildを使用してあなたのアプリをビルドした場合は、ビルドをアップロードする必要はありません。

Xiaomiにプッシュ配信するビルドを特定します。次に、Push To Xiaomiを選択して Xiaomi に送信します。

Xiaomi の開発者ポータルでアプリを設定する

「Xiaomi's developer portal」にUDNの認証情報でログインします。初回ユーザーは、Xiaomiの利用規約に同意しなければなりません。ログイン後、Unity Developer Dashboard を通してプッシュ配信したアプリは全てProjectsリストに表示されます。

新しく提出されたアプリを選択して詳細を展開します。次に、必要な情報を入力して Submit を選択します。

Xiaomi はあなたのアプリをレビューします。次に、ストアおよび国の順守事項を満たしているという基準により、提出を承認または拒否します。Xiaomi から修正を求められた場合は、必要に応じてフィードバックに対処する実装を行ない、アプリを再提出してください。

あなたのアプリが IAP を使用している場合、Xiaomi は承認され次第、App IDApp KeyApp Secret の認証情報を提供します。これらの値は、開発者ポータルで承認された Project を選択するとき、表示されます。次のステップで、製品版ビルドを提出する必要があります。

製品版ビルドを作成して、Mi Game Center でローンチしよう!

エディターで、AppStoreSettings のアセットを選択します。次に、Xiaomi の認証情報を入力して、Test Mode ボックスのチェックを外し Save All Settings を選択します。これでプロジェクトが Xiaomi の本番サーバー用に設定されます。アプリの新しいビルドを作成し、前と同じ方法で Xiaomi にプッシュします。

アプリが承認されると、Xiaomi は配信ライセンスを得るための中国政府認証プロセスを進行させます(詳しくは、「Xiaomi integration」「Submitting to Xiaomi」セクションを参照してください)。アプリにライセンスが付与されて Mi Game Center で開始する準備が整うと、Xiaomi から通知が届きます。

IAP を使用する

Unity IAP を使用するには、まずサービスを有効にする必要があります。

IAP GUI を使用して製品カタログを設定します(Window > Unity IAP > IAP Catalogの順に選択)。

App Store Export > Xiaomi Mi Pay Catalogの順に選択して、GUI からカタログをエクスポートします。この操作により出力される MiGameProductCatalog.prop ファイルを保存する場所を指定して保存します。

注:テストモードでアプリをビルドすると、このファイルのコピーが Projectフォルダにも保存されます。

Xiaomi 開発者ポータルに IAP 製品カタログをアップロードするには、以下の手順に従ってください。
  • 開発者ポータルで、プロジェクトを選択します。次に、左側のナビゲーションメニューから「IAP Configuration」を選択します。
  • Import を選択します。次に、テストモードでビルドするとき Project フォルダに生成された MiGameProductCatalog.prop ファイルを選択します(詳細については、下記の Using IAP のセクションを参照してください)。
  • カタログをインポートした後、ダッシュボードに表示されている値を確認します。

Product 設定の詳細については、こちらをクリックしてください。 Xiaomi 向け Unity IAP 実装の詳細については、こちらをクリックしてください。

Unity IAPは初期化する必要があります。 Xiaomi 統合ガイドには、Xiaomi でこれを達成するための完全なコードサンプルが含まれています。

Unity Analytics を使う

Xiaomi ネットワークでは Unity Analytics をサポートしています。

詳細については、Unity Analytics に関するドキュメントを参照してください。

OK

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーのポリシーのページをご覧ください。