Unityの検索機能

Unity 未経験でもプログラミング経験が豊富なら、
それは大きな強みになる

高いプログラミングスキルを持っている方が Unity を使えば、最初から大きく優位に立つことができます。プログラミングは、ごく簡単なゲームを開発する場合でも、ゲーム開発には欠かせません。Unity では、スクリプトを利用して、ゲームのほぼすべての部分やインタラクティブなコンテンツを開発することができます。

Unity で各種のゲームを制作するのに必要な構成要素

Unity でゲームプレイを作成する方法を理解するには、まず Unity の基本的な構成要素について知る必要があります。

1. ゲームオブジェクト

Unity のあらゆる種類のコンテンツは、ゲームオブジェクトから始まります。キャラクター、ライト、特殊効果、小道具など、ゲーム内のすべてのオブジェクトはゲームオブジェクトです。

unity game object example

ゲームオブジェクトはそれ単独では何もできません。実際に何か意味のあるものにするには、ゲームオブジェクトにプロパティーを指定する必要があります。そのためには、コンポーネントを追加します。

2. コンポーネント

コンポーネントは、それがアタッチされているゲームオブジェクトの動作を定義して制御します。簡単な例を挙げるなら、ライトの作成でしょう。ライトを作成する際には、ゲームオブジェクトに Light コンポーネントをアタッチします。

unity game object light example

3. 変数

コンポーネントには、多くの編集可能なプロパティーがあります。プロパティーはエディターのインスペクター(Inspector)ウィンドウかスクリプトで調整できます。先ほど例に挙げたライトには、範囲、色、輝度などのプロパティーがあります。

プログラミングですべてのオブジェクトとそのプロパティーを制御

Unity の組み込みのコンポーネントは非常に汎用的です。しかし、程なく、独自のゲームプレイロジックを実装するには、組み込みのコンポーネントが提供するものだけでは足りないと思うようになるでしょう。スクリプトを利用すれば、スクリプトをゲームオブジェクトに適用するだけで、独自のゲームロジックと動作を実装することが可能です。

スクリプトコンポーネントを使うと、ゲームイベントのトリガー、衝突のチェック、物理演算の適用、ユーザー入力への反応など、非常に多くの事柄を実行できます。

unity C# script icon

Unity で使用可能なプログラミング言語

Unity は業界標準の言語である C# をサポートしています。C# は Java や C++ と似ているところがあります。.

C++ の経験者で Unity を使い始めた方

C++ と比べて、C# は簡単に習得できます。また、C# は“マネージド言語”、つまり、メモリの割り当てと割り当て解除やメモリリークの解消などのメモリ管理を自動的に行う言語です。多くの C++ の初心者とプロがこれらの問題に悩まされています。先にゲームを制作してから、後でプログラミングの高度な側面を扱う場合は、通常、C++ よりも C# が推奨されます。

Unity でのデバッグ

Unity では、コードを 1 行も書くことなく、その場で変更を加えられるように、開発者のプレイ中にすべてのゲームプレイ変数がただちに表示されるため、調整とデバッグを効率的に行えます。ゲームを任意のタイミングで一時停止することも、コードを 1 行ずつステップ実行することもできます。このページの最後には、プロファイリングやデバッグに関するドキュメントやチュートリアルへのリンクが記載されています。

Unity のスクリプティングバックエンド:バージョン 2018.1 から MonoDevelop-Unity が Visual Studio Community へ変更

.NET:Unity では、スクリプティングのために、C# をネイティブでサポートする標準的な Mono ランタイムを実装していました。しかし、バージョン 2018.1 から、macOS では MonoDevelop-Unity の代わりに Visual Studio for Mac を配布する予定です。Windows 版の Unity では、引き続き Visual Studio 2017 Community が配布され、MonoDevelop-Unity は配布されません。
Unity の .NET 4.6 スクリプティングランタイム(現在、実験段階)では、C# 6.0 以降で利用できる、数多くのエキサイティングな C# の新機能とデバッグ機能がサポートされる予定です。これにより、C# の新機能に加えて、素晴らしい C# IDE 体験が得られるでしょう。

IL2CPP:Unity が開発したスクリプティングバックエンドで、一部のプラットフォームのプロジェクトを作成するときに、Mono の代わりに使用できます。IL2CPP を使ってプロジェクトを作成する場合、Unity は選択したプラットフォームのネイティブバイナリファイル(.exe、apk、.xap など)を作成する前に、スクリプトからの IL コードを変換し、C++ コードに組み立てます。
iOS と WebGL 用にビルドするときには、IL2CPP が唯一利用できるスクリプティングバックエンドです。

unity .NET scripting backend

エディターの拡張による Unity のカスタマイズ

Unity では、標準のエディターに組み込まれた Inspector(インスペクター)、Scene(シーン)などのウィンドウと同様に動作する独自のカスタムウィンドウでエディターを拡張できるため、非常に柔軟にプログラミングを行うことができます。独自のツールを Unity に追加し、あなたとチームの独自のワークフローをサポートしてニーズに応えることで、最終的に効率を高めることができるでしょう。

その他のリソース

Unity スタートアップガイド
Unity を使用して 2D ゲームモバイルゲームを開発する際に、作業を計画どおりに進め、時間を節約し、最大限の価値を得る手助けとなる情報とリソースが記載された実践的なガイドを手に入れましょう

スクリプティングチュートリアル
このページでは、初心者および中級者向けのチュートリアル、高度なエディタースクリプティング、Visual Studio を使用した Unity 開発、Unity での簡単なゲームのプログラミング方法を紹介するライブトレーニングセッションなど、あらゆる種類の Unity 独自のスクリプティングチュートリアルを提供しています。

スクリプティングドキュメント
重要なトピックをすべて網羅した優れたスクリプティングドキュメントを提供しています。まずは以下のセクションとページをご覧ください。

Unity スクリプティングリファレンス

プロファイリング、デバッグ、最適化

プラットフォーム別

コミュニティ

Unityで始めよう

OK

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーのポリシーのページをご覧ください。