Unityの検索機能

Unity のPerformance Reporting

アプリのエラーの発見に威力を発揮

Unity のPerformance Reporting では、自動的にデバイスやプラットフォームのアプリケーションエラーを集めるので、チームはリアルタイムで問題を見つけ対処することができます。

始めよう

エラーを収集

プラットフォーム/デバイス/ビルドのエラーを統合します。

リアルタイムで反応

アプリのユーザーによってエラーが生成されるので、自動的にエラーを収集、表示します。

迅速に処理

優先度の高い問題を見つけます。ドリルダウンして、すぐにデバッグを開始します。

仕組み

有効化して

数秒でセットアップ。SDKやプラグインは不要です。

収集し

エラーをリアルタイムで自動収集します。

優先度付けして

単一ダッシュボードにエラーをすべて表示します。

反応する

問題を詳しくレビューしてデバッグを開始します。

Unity Performance Reporting の最新機能を使ってみよう

UnityのPerformance Reportingは、UnityのPlus/Pro版に含まれています。

Unity Plus

Performance Reporting サービス

詳細を見る

Unity Pro

Performance Reporting サービス

詳細を見る

よくある質問

What versions of Unity work with Performance Reporting?

What errors does Performance Reporting collect?

How do I upgrade from the plugin to native integration?

OK

弊社の Webサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。 詳細はこちらをクリックしてください。