Unityの検索機能

The Heretic

Adam』と『Book of the Dead』を制作した、受賞歴のある Unity デモチームによる新作ショートフィルム『The Heretic』が完成しました。

The Heretic』を視聴する

そのまま使えるビジュアルクオリティー

The Heretic』は既存の Unity 2019.3 に基づいて制作され、Unity のグラフィックス機能が限界まで活用されています。たとえば、統合されたポストプロセッシングスタックを含む HD レンダーパイプライン(HDRP)のあらゆる機能や、Visual Effect Graph などです。

HDRP には、リアルな髪の毛、目、布地用のマスターノードが組み込まれたシェーダーグラフが導入されています。制作チームは、プロジェクト全体で Visual Effect Graph を、VFX ベースの複雑なキャラクターのデザインと作成も含め、さまざまなエフェクトを実現に活用しました。

リアルなデジタルヒューマンを作成する上での課題

フォトリアリスティックなデジタルヒューマンを作成することは、複雑な技術的課題です。『The Heretic』はそれに取り組む Unity 初の試みです。私たちが目指したのは、この課題にふさわしいパイプラインと品質を確立することでした。

私たちのパイプラインでは、高品質なテクスチャーやポーズと、真に迫ったリアルな動きを得るために、3D と 4D のスキャンが組み合わされています。これは商用ベンダーのサービスに基づいています。高品質なスキャンには Infinite Realities が、高精度のデータプリプロセッシングには Russian 3D Scanner が、フェイシャルリグには Snappers が利用されています。

アクターの演技のリアルさを維持する 4D スキャンデータを、3D スキャンで取得したミクロな表面のディテールや、しわ、毛穴などを書き戻して補完しています。このアプローチでは、2 つの手法を個別に使う場合よりも優れた結果が得られます。デジタルヒューマンを再構築するためのパイプラインは、専用のアタッチメントツールを使用して、まつげ、眉毛、無精ひげ、そして髪の毛をアタッチすることで完成しました。

デモチームは、映像内のデジタルヒューマンのために使用された技術とシェーダーを、ユーザーが自作のプロジェクトで使用できるようにするために、それらをパッケージ化する準備を進めています。

『The Heretic』の背景にあるテクノロジーを発見する

このデジタルヒューマン 4D データパイプラインの詳細な内訳や、キャラクター Boston の制作プロセスなど、『The Heretic』がどのように制作されたかについて詳しくは、Digital Dragons 2019 におけるプログラマー Robert Cupisz と Lasse Jon Fuglsang Pedersen の講演をご視聴ください。

Unite Copenhagen にて、テクニカルアーティスト Adrian Lazar と Unity エバンジェリスト Andy Touch が、チームがどのように Visual Effect Graph を使用して Morgan というキャラクターを生み出したかを説明しました。GPU パーティクルでシミュレーションを作成することで、アーティストはキャラクターの形状、性別、外観、動作を変更し、その調整をリアルタイムで確認することができます。

Unite の講演を視聴する

以前のデモ

私たちの忠実度の高いデモは、リアルタイムレンダリングにおける Unity の絶え間ない発展を示しています。Unity のデモチームは、ウェビー賞を 2 度受賞し、映画祭やオンラインで高い称賛を受けています。

Unity のデモの制作について

グラフィックスに重点を置きながら、デモチームは、自主的でクリエイティブなプロジェクトを通じて Unity の可能性を探求し、その限界を押し広げています。デモチームは、クリエイティブディレクターの Veselin Efremov が率いる経験豊富なゲーム専門家集団です。Veselin がデモの脚本を書いて監督し、最終的な見た目に責任を持っています。

このチームは、制作全体の基礎を技術的イノベーションの最前線に置くという、時には痛みを伴うようなリスクを冒すことに前向きで、かつそれが実際に可能なチームです。

クレジット

Demo Team

脚本、監督

Veselin Efremov

プロデューサー

Silvia Rasheva
Aleksander Karshikoff

テクニカルディレクター

Robert Cupisz

シニアプログラマー

Torbjorn Laedre
Lasse Jon Fuglsang Pedersen

アートディレクター

Georgi Simeonov
Veselin Efremov

アニメーションディレクター、テクニカルアニメーション指揮

Krasimir Nechevski

テクニカルアニメーション

Christian Kardach

リード 3D アーティスト

Plamen “Paco” Tamnev

テクニカルアート

Adrian Lazar
Robert Cupisz

サウンドスーパーバイザー

Aleksander Karshikoff

システムプログラマー

Malte Hildingsson

ジュニアプログラマー

Dominykas Kiauleikis

キャスト

Gawain

Jake Fairbrother

Morgan VO

Charlie Sinhaseni

アディショナルアート

音楽作曲家

Fredrik Emilson

絵コンテ

Nikolay Toshev

エンバイロメントアート

Treehouse Ninjas
Julien Heijmans

VFX アート

Cyril Jover

Additional VFX

Vlad Neykov

アディショナルリギング

Frederik Bjerre-Hyldgaard

アディショナルシェーディング

Nicholas Brancaccio

3D および 4D スキャニング

Infinite Realities
4DMax

4D データプリプロセッシング

Russian3DScanner

モーションキャプチャー

Aneta Spasova
TakeOne

アニメーション

Sticky Brainz
Hugo Garcia
Anders Brogaard Jepsen
Take One

カメラモーションキャプチャー、カラーグレーディング

Mihail Moskov

アディショナルシミュレーション

Zdravko Pavlov

オーディオプロダクション

Pole Position Production

サウンドデザイナー

Eric Thorsell
Max Lachmann

キャスティングエージェンシー

Side UK

アドバンストフェイシャルリグ

Snappers

スキャンされた環境アセット

提供:Quixel

Unity Technologies R&D

Sebastien Lagarde, Thomas Hourdel, Kuba Cupisz, Jesper Mortensen, Tim Cooper, Yibing Jiang, Marie Fétiveau, Jean Blouin, Julien Fryer, Paul Demeulenaere, Sean Thompson, Rune Stubbe, Julien Ignace, Francesco Cifariello Ciardi, Tobias Alexander Franke, Aras Pranckevičius

スペシャルサンクス: Natasha Tatarchuk

© 2020 Unity Technologies ApS

『The Heretic』に対するプレスの反応

OK

弊社のウェブサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。詳細については、クッキーのポリシーのページをご覧ください。