Unityの検索機能

エキスパートによるトレーニングを提供します

Unityのトレーニング・ワークショップでは、品質、専門知識、利便性の非常に良い組み合わせで、チームのパフォーマンスを迅速に向上させます。新チームの戦力化、最新機能の習得、VRなどの新しいコンテンツ領域への展開など、お客様のニーズに合わせたワークショップを提供します。各1DAYワークショップでは、実践のためのUnityスキルとベストプラクティスを教えるハンズオン・プロジェクトが用意されています。弊社のトレーナーは、Unityでの開発と講師の両方の経験があり、チームメンバーと非常に貴重な1対1の交流を提供します。

Unityトレーニング・ワークショップのご予約についてお問い合わせください。あなたのチームと一緒に取り組みレベルアップを実現しましょう。

お問い合わせ

唯一のUnity認定対面トレーニング

あなたの学習を加速させる

弊社の経験豊富なトレーナーが、参加者を明解なステップバイステップの作業手順で指導します。各ワークショップの特徴は:

  • Unity Educationで作られた質の高いコースのコンテンツ
  • インストラクターと参加者とのライブ学習セッション
  • プロがデザインしたプロジェクトのアセットを用いたハンズオン学習
  • ワークショップ受講後も参加者をフォローする体系的な学習計画

質の高いトレーニング:必要なことを、必要な時に

チーム全員を教育します

貴社のオフィスで対面のオンサイトトレーニングを行うことで、学習効果を最大限に高めつつダウンタイムを最小限に抑えます。トレーニングの日はチーム全体を学習に集中させてスキルのレベルアップを行います。また、グループ学習により学習体験を共有することで、チーム全体で知識のベースラインを揃えつつ学習を進めることができます。各Unityトレーニングの特徴は:

  • 1日以上の専門のトレーニング
  • あなたのオフィスでオンサイトトレーニングを開催
  • あなたのスケジュールに合った日を選択
  • 8〜20名の参加者を受け入れ可能
  • 世界のほとんどの国で利用可能
  • 利用可能な言語については要問い合わせ
  • お客様のニーズに合わせてカスタマイズ可能
  • Unity 2018
  • 2Dゲーム
  • 3D ゲーム
  • バーチャルリアリティ
  • 3D Interactive Development
  • 最適化技術
  • アーティストのためのワークフロー
  • Automotive Design
  • カスタムワークショップ

Unity 最新バージョンへの移行

Unity 最新バージョンへの移行

このワークショップでは、既存のUnityプロジェクトを Unity Editor 最新のリリースに移行するプロセスについて説明します。Editor の新しい主なワークフローと拡張機能について紹介し、プロジェクトを移行する際の主な影響を評価します。参加者は、既存のプロジェクトを最新の Editor に移行し、コード、AssetBundles、Editor 拡張機能、シェーダーのアップグレードに対応します。最後に、Hub、Package Manager、Templates、Scriptable Rendering Pipeline、ShaderGraph、2D Tilemap ツール、ProBuilder の統合など、新しいワークフローの実装について概要を示します。

ワークショップでは、以下について学べます。

  • プロジェクトの移行時に発生する一般的なエラーについて
  • 予期される移行エラーの既存のプロジェクトを評価する
  • 最新リリース Editor の新機能について
  • 新しい Editor でプロジェクトのセットアップ方法を決める

前提条件:

このワークショップは、Unity の使用経験はあるが、プロジェクトの新バージョンへの移行経験はない開発者向けのものです。

お問い合わせ

Unityトレーニングワークショップ: 2Dゲーム開発入門

マルチプラットフォーム対応2Dゲームを作成する

この初心者向けワークショップでは、2Dゲームを構築およびカスタマイズすることでUnityの基本を学びます。参加者は、2Dゲーム開発を主眼として、Unityエディターの学習に入っていき、プラットフォーム・アクションゲームの開発を通じて2Dパイプラインについて学んでいきます。内容としては、プロジェクトのメンテナンス、基本的なスクリプトの編集、スプライトアニメーション、プレイヤーキャラクターやアイテムを含むインタラクティブなオブジェクトの作成などに関するトレーニングを提供します。インストラクターは、Unityエディターのさまざまなツールの使用方法を説明します。参加者は、複数のプラットフォーム用に提供されたアセットを使用して2Dゲームを作成します。

ワークショップでは、以下について学べます。

  • コアゲームプレイ
  • エディター設定
  • 1つのスプライトにコライダーとスプライトシートから作成したアニメーションを設定する
  • アニメーター、キーフレームアニメーション、スクリプト化アニメーション
  • プレイヤーキャラクター
  • 勝ちと負けの設定
  • 収集アイテム
  • 公開
  • 新しいUnityエディターの機能と特徴は以下の通り:
  • 新しいスプライトエディターのツール
  • タイルマップシステム
  • Cinemachine
  • スプライトマスキングシステム

前提条件:

なし。このワークショップはUnityを初めて使用する、またはUnityでゲーム開発を始めたばかりのクリエイター向けにデザインされています。

お問い合わせ

Unityトレーニングワークショップ:3Dゲーム開発入門

プレイできる3Dゲームを作る

この初心者向けワークショップでは、参加者は 3D ゲームを構築およびカスタマイズすることで 3D プロジェクトの構築を学びます。参加者は 3D ゲーム開発に専念することができます。参加者は、3D プロジェクトの構造について学び、3D エンドレスランナーゲームを作ります。内容としては、物理演算、スクリプティング、リギング、アニメーションのリターゲティングなどを含みます。インストラクターは、Unity エディターのさまざまなツールの使用方法を説明します。参加者は提供されたアセットを使って 3D ゲームを作成します。加えて、UI 要素、物理演算、アニメーションの操作方法も習得することができます。

ワークショップでは、以下について学べます。

  • コアゲームプレイ
  • キャラクターモデル、キャラクター設定
  • アニメーション、アニメーターの設定
  • プラットフォームシステム
  • 負けの設定
  • 収集アイテム
  • 公開
  • 新しいUnityエディターの機能と特徴は以下の通り:
  • Cinemachine カメラ

前提条件:

なし。このワークショップはUnityを初めて使用する、またはUnityでゲーム開発を始めたばかりのクリエイター向けにデザインされています。

お問い合わせ

Unityトレーニングワークショップ:仮想現実(VR)入門

VR の世界に飛び込もう

このワークショップでは、経験豊富な Unity 開発者に VR の使い方を説明しています。ワークショップで作成されたプロジェクトは「Laser Cop Room Scale」の VR ゲームです。トピックには、PC/Mac/コンソール用の基本的なVR ゲームの開発、最適化技術、人間工学、VR 向けの物理と音声が含まれます。ヘッドセットとコントローラーの両方が必要ですが、VR ヘッドセットを持っていない参加者のエディタ内開発を可能にするテストスクリプトがあります。ワークショップでは、ゲームプロジェクトを例に使用していますが、機能はすべての Unity プロジェクトでも応用可能です。

ワークショップでは、以下について学べます。

  • 「Assets」
  • プロジェクトの開始
  • コアゲームプレイ
  • プレイヤー設定
  • 敵の設定

前提条件:

このワークショップは中級レベルのクリエイターを対象としています。

お問い合わせ

Introduction to 3D Interactive Development

Get started with real-time 3D

This workshop features a small scale kitchen configurator in the general style of what can be found on home improvement websites such as Lowes, Ikea, and Home Depot. Participants in this workshop will focus on how to create high quality 3D interactions in Unity in an efficient and optimized way while building this simple, yet sophisticated configurator.

Although this workshop focuses on a project aligned with Architecture, Engineering and Construction (AEC), the skills built will apply to anyone who is looking to understand how to create robust interactive applications in Unity.

ワークショップでは、以下について学べます。

  • Learn how to navigate in the Unity Editor
  • Configure a Unity Project for 3D development
  • Create and configure physically based materials
  • Use imported assets to build modular scenes
  • Create scene component Prefabs for reuse throughout the Project
  • Configure lights and settings to achieve realistic effects
  • Use the Post Processing Stack to enhance visual fidelity
  • Develop interactive mechanics
  • Integrate scripts to create a controller with keyboard and touch input
  • Utilize Cinemachine to create a free moving scene camera
  • Build a UI to display Prefab data and receive input
  • Integrate scripts with Prefabbed assets to create customizable components
  • Publish 3D applications for various platforms

Prerequisites: No prior experience required

お問い合わせ

最適なパフォーマンスを得るための計画: 最適化技術

最適化、最適化、最適化

このワークショップでは、既存プロジェクト内の最適化問題を特定し、制作中に開発者が直面する最も一般的な問題およびそれに対処するベストソリューションを紹介します。ワークショップを終えた参加者は 、Unity のプロジェクト診断ツールスイートを使用して、診断データの分析や、様々な最適化技術の適用に関する経験を手にできます。

  • Stats ウィンドウ
  • メモリプロファイラー
  • Profiler
  • フレームデバッガー

参加者はこれらの最適化手法を、様々な出力先プラットフォームに合わせた形でプロジェクトに適用する方法を学びます。

ワークショップでは、以下について学べます。

  • 最適化と開発の重要性について幅広く理解する
  • 主な最適化ツールとその目的について学ぶ
  • 一般的な最適化問題を特定し、開発中にそれらの問題を回避する方法について学ぶ
  • 完全なプロジェクトで最適化の問題を特定する
  • 発見した最適化の問題を分析し、それらを解決する最適な方法を決める
  • Unity Performance Reporting を使用してゲームデータを分析する
  • プラットフォーム固有のデバッグツールを使用してゲームデータを分析する

前提条件:

参加者としては、中級レベルのユーザーで、ゲーム制作の実務経験を持っている方を想定しています。

お問い合わせ

息をのむビジュアル:アーティストのためのワークフロー

Timeline と Cinemachine を学ぶ

アーティストやデザイナーは、Unity エディターで直接コンテンツを作成し、イテレーションを回すことで、ワークフローを最適化できるようになりました。Cinemachine、Timeline、アップグレードされたポストエフェクト、パーティクル、Animation Control Rig Workflow など、エキサイティングな機能を習得しましょう。加えて、Baked Global Illumination、Post-Processing Profiles、Particle System、Audio Mixer などのツールを用い、コアスキルを構築しましょう。

ワークショップでは、以下について学べます。

  • 複雑で視覚的な魅力を持つシーンを、Unity で構築する
  • ポストプロセッシングエフェクトを使用してプロジェクトの具体的な雰囲気をつくる
  • 説得力のあるビジュアルエフェクトを作成して、現実感をシーンに加える
  • 複数のオーディオエフェクトの管理と微調整について
  • 動的なカットシーンを作る

前提条件:

ワークショップは、Unity の知識がある程度あるアーティスト(例:3D ゲームワークショップの受講経験がある方、Unity でプロジェクトを作成した実務経験がある方)向けに設計されています。

お問い合わせ

自動車設計のビジュアリゼーション入門

Join the real-time revolution

In this workshop, automotive artists and designers will get a focused introduction to the Unity Editor and the PiXYZ workflow. They will learn the basics of Unity to import CAD Models with PiXYZ and create beautiful 3D models and renderings for automotive industry specific content.

Participants will construct an interactive scene featuring a concept car in a garage, then create a user interface to allow user modification and interaction within the scene. In building the project participants will learn key elements of working with the Unity editor from general usability and visual development with tools such as the PiXYZ Plugin, to working with the High Definition Render Pipeline, Lighting, and Materials.

ワークショップでは、以下について学べます。

  • Identify how Unity is being used in the Automotive Industry
  • Prepare and set up assets, CAD Data and workflows for project development
  • Create, edit, assign and modify materials to create realistic models and visual environments
  • Use lighting to create realistic scenes
  • Create and implement cinematics to visualize a scene
  • Create simple interactive user experiences

前提条件:

ワークショップは、Unity の知識がある程度あるアーティスト(例:3D ゲームワークショップの受講経験がある方、Unity でプロジェクトを作成した実務経験がある方)向けに設計されています。

お問い合わせ

Unity トレーニングワークショップをカスタマイズする

弊社のマスタートレーナーがあなたに最適なトレーニングを設計します。

あなたのニーズを評価するマスタートレーナーとミーティングの予定を立てたり、あなたの目標達成を支援するトレーニングを設けて提供するには、弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ

あなたの会社のゴールについてお聞かせください

お客様のニーズに合ったトレーニングの見積もりをご希望の場合は、弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ

Become an official Unity training center or instructor

As a Unity Authorized Training Partner, you’re licensed to offer Unity Training Workshops, Certifications, and Courses.

Learn more and apply

Join our exclusive community of Unity Certified Instructors and start receiving members-only benefits to further your professional goals.

Learn more and apply

他のラーニングおよび認定プログラム製品を詳しく見る

OK

弊社の Webサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。 詳細はこちらをクリックしてください。