Unityの検索機能

プレビュー パッケージ

Get early access to the latest features available as packages

開発段階で機能の更新・修正・試用を行う

開発の早期の段階で機能にアクセスして、その機能の更新・修正・試用を行っていただくことにより最終製品に大きな影響を与えることができます。Unity GitHub、パッケージマネージャー、またはエディターの Experimental Builds を介して、それらの新機能にアクセスできます。 以下のリンクから詳細をご確認ください。

2D アニメーションシステム

私たちは、新しい2Dアニメーションシステムに取り組んでいます。このシステムは、複数のフェーズでリリースされ、プレビューパッケージとして提供されます。

最初のリリースでは、スケルタルアニメーション(Anima2D を Unity へ統合したように思われるかもしれませんが、独自のものです。Anima2D を Unity へ統合したわけではありません)のスプライトのリギング用ツールの開発に注力しました。

ツールには、バインドポーズの編集、マニュアルメッシュのテッセレーション 、スキンウェイトペイントなどがあります。ランタイム・コンポーネントは、このすべてを結び付けてスプライトの変形を動作させます。私たちのゴールは、Unityエディターで直接非常に効率の良い方法で生き生きとしたアニメーションを作成できるようにすることです。

継続中のプロジェクト

私たちは、複数のスプライトで構成された複雑なキャラクターをより効率的に作り出すツールや、より大きなプロダクションのワークフローをサポートするためのツールなど、新しい機能とワークフローを構築し続けます。また、将来的には、リグとアニメーションクリップを複数のキャラクターの間で共有できるようになる見込みです。

始めよう

最新の Unityベータ版をダウンロードしてインストールします。次に、弊社のドキュメントを含むサンプルプロジェクトをダウンロードします。

私たちはあなたからのご感想やご意見をお待ちしております。専用のフォーラムで、正しくサポートされたワークフロー、見逃した内容、また改善のアイデアなど、お聞かせください。

2D SpriteShape

SpriteShape は、スプライトのレイアウトと世界作成のためのツールで、特定の角度範囲に基づいた形状のパスに沿ってスプライトをタイル状に配置することができます。さらに、パスで囲んだ領域をタイルテクスチャで塗りつぶすことも可能です。

SpriteShape 機能の主な利点は、スプライトの適応的または連続的タイル化機能とベジエスプラインパスとの強力な組み合わせです。連続的なタイリングの場合、特定の角度にアサインされたスプライトが自動的に切り替わります。

この機能は現在プレビュー版としてご利用可能です。機能にアクセスするには、最新のUnityベータ版をダウンロードしてインストールする必要があります。また、こちらからサンプルプロジェクトとドキュメントを入手することができます。

「この機能は自身のワークフローにうまく適合しているか」、「プロジェクトの改善に繋がったか」、「円滑に進められた、あるいは進められなかったのはどんな部分だったか」など、この機能を使用されてみたご感想やご意見を、Unity のフォーラムでぜひお聞かせください。

2D Pixel Perfect

ピクセルパーフェクトなスプライトを使った、レトロ感あふれる表現を求める開発者に待ち望まれた機能が、プレビュー版として利用可能になりました。スプライトの鮮明さを保ち、ビジョンに忠実に表現するのに必要な計算を行うために利用することができます。この機能においては画面の解像度や比率にかかわらず、常に正方画素のピクセルが表示されます。

また、画面上での動きをピクセル単位で制限したり、モダンなドット絵の作品のように滑らかな動きも実現できます。

この機能は現在プレビュー版としてご利用可能です。機能にアクセスするには、最新の Unity ベータ版をダウンロードしてインストールする必要があります。また、ドキュメントを含むサンプルプロジェクトを入手することができます。

「この機能は自身のワークフローにうまく適合しているか」、「プロジェクトの改善に繋がったか」、「円滑に進められた、あるいは進められなかったのはどんな部分だったか」など、この機能を使用されてみたご感想やご意見を、Unity のフォーラムでぜひお聞かせください。

SVGインポータ―

プロジェクトでSVG(Scalable Vector Graphics)をネイティブにインポートできるようになりました。 ベクターグラフィックス(vector graphics)を使用すると、ファイルサイズが非常に小さいアセットを作成し、どの解像度でも鮮明に表示できます。

SVG ファイルをエディタにドラッグ&ドロップするだけで、ベクター画像の特長をフル活用することができます。

SVG Importer 機能は、グラデーション(Gradient)、塗りつぶし、破線や丸みを帯びたコーナーなど、多くのベクターグラフィックススタンダードやその他多くの Unity 2D ツールと互換性があります。

ベクターグラフィックス API を使用して、コード内でベクターデータを直接記述することで作成したり操作することも可能です。

この機能は現在プレビュー版としてご利用可能です。機能にアクセスするには、最新のUnityベータ版をダウンロードしてインストールする必要があります。また、こちらからサンプルプロジェクトとドキュメントを入手することができます。

「この機能は自身のワークフローにうまく適合しているか」、「プロジェクトの改善に繋がったか」、「円滑に進められた、あるいは進められなかったのはどんな部分だったか」など、この機能を使用されてみたご感想やご意見を、Unity のフォーラムでぜひお聞かせください。

HD レンダーパイプライン(HDRP)

2018.1 では、プレビュー版として登場したスクリプタブルレンダーパイプライン(SRP)と実験的な機能として HD レンダーパイプライン(HDRP)のテンプレートが搭載されました。2018.2 ベータ版では、HDRP を改善し、制作で使用できるように準備を整えています。

HDRP では、ハイエンドの PC やコンソールをターゲットにしており魅力的なビジュアルを実現します。このトレードオフでは、ライトウェイトレンダーパイプラインテンプレートと同様、性能を満たしていないプラットフォームで動作しないため、ラーニングツールと新型ツールが必要になります。

HD テンプレートは次のプラットフォームに対応: PC DX11、PS4、Xbox One、Metal、Vulkan

関連ニュース

{{ post.title.rendered }}

詳細を見る
OK

弊社の Webサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。 詳細はこちらをクリックしてください。