Unityの検索機能

プレビュー パッケージ

最新機能を先行して体験できるパッケージを入手できます

開発段階で機能の更新・修正・試用を行う

開発の早期の段階で機能にアクセスして、その機能の更新・修正・試用を行っていただくことにより最終製品に大きな影響を与えることができます。Unity GitHub、パッケージマネージャー、またはエディターの Experimental Builds を介して、それらの新機能にアクセスできます。 以下のリンクから詳細をご確認ください。

2D Animation

Rig and add skeletal animation to your 2D characters with the new 2D Animation system and tools.

Now you can import your layered Photoshop file into Unity (make sure 2D PSD Importer is installed).

In the Sprite Editor you will find tools for bind-pose editing, bone creation, manual mesh tessellation and skin-weights painting. A runtime component ties this all together to drive sprite deformation.

Our goal is to enable you to create lively animations in a super-efficient way directly in the Unity Editor.

You can also add inverse kinematics to your 2D animated character with the 2D IK package.

Let us know what you think in our dedicated Forum.

2D SpriteShape

SpriteShape は、スプライトのレイアウトと世界作成のためのツールで、特定の角度範囲に基づいた形状のパスに沿ってスプライトをタイル状に配置することができます。さらに、パスで囲んだ領域をタイルテクスチャで塗りつぶすことも可能です。

SpriteShape 機能の主な利点は、スプライトの適応的または連続的タイル化機能とベジエスプラインパスとの強力な組み合わせです。連続的なタイリングの場合、特定の角度にアサインされたスプライトが自動的に切り替わります。

この機能は現在プレビュー版としてご利用可能です。機能にアクセスするには、最新のUnityベータ版をダウンロードしてインストールする必要があります。その後こちらからサンプルプロジェクトとドキュメントを入手することができます。

「この機能は自身のワークフローにうまく適合しているか」、「プロジェクトの改善に繋がったか」、「円滑に進められた、あるいは進められなかったのはどんな部分だったか」など、この機能を使用されてみたご感想・ご意見を、Unity のフォーラムでぜひお聞かせください。

Vector Graphics

プロジェクトでSVG(Scalable Vector Graphics)をネイティブにインポートできるようになりました。 ベクターグラフィックス(vector graphics)を使用すると、ファイルサイズが非常に小さいアセットを作成し、どの解像度でも鮮明に表示できます。

SVG ファイルをエディタにドラッグ&ドロップするだけで、ベクター画像の特長をフル活用することができます。

SVG Importer 機能は、グラデーション、塗りつぶし、破線や丸みを帯びたコーナーなど、多くのベクターグラフィックススタンダードやその他多くの Unity 2D ツールと互換性があります。

ベクターグラフィックス API を使用して、コード内でベクターデータを直接記述することで作成したり操作することも可能です。

この機能は現在プレビュー版としてご利用可能です。機能にアクセスするには、最新のUnityベータ版をダウンロードしてインストールする必要があります。その後こちらからサンプルプロジェクトとドキュメントを入手することができます。

「この機能は自身のワークフローにうまく適合しているか」、「プロジェクトの改善に繋がったか」、「円滑に進められた、あるいは進められなかったのはどんな部分だったか」など、この機能を使用されてみたご感想やご意見を、Unity のフォーラムでぜひお聞かせください。

Animation Rigging

Animation Rigging

The new Animation Rigging package gives you more artistic control over your animations. You can use a set of predefined animation constraints to manually build a control rig hierarchy for a generic character. At runtime, rig constraints are converted to a list of Animation jobs that are appended as post-process operations to the controller PlayableGraph.

Polybrush

You can now sculpt complex shapes from any 3D model, position detail meshes, paint in custom lighting or coloring, and blend textures across meshes directly in the Editor. Compatible with Unity since 2018.1, Polybrush is now available via the Package Manager and includes a Mesh and Prefab scattering mode.

Profile Analyzer

Profile Analyzer

The Profile Analyzer complements the Unity Profiler’s single-frame analysis by adding the ability to analyze multiple frames at once. This is useful when it’s important to have a wider view of your performance, such as when considering upgrading your Unity version, testing optimization benefits, or reviewing your development cycle.

DOTS Physics

A new physics system is written using the C# DOTS framework and leverages the Burst Compiler and C# Job System to deliver high-performance simulations. By using a stateless design with no caches, the solver is much simpler, allowing us to build a more network-friendly physics system that can be easily extended, tweaked, and modified to fit your production needs.

DOTS Physics

関連ニュース

OK

弊社の Webサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。 詳細はこちらをクリックしてください。