Unityの検索機能

Unity Performance Reporting

アプリのエラー発見に威力を発揮

Unity Performance Reporting を使うことで、デバイスやプラットフォームをまたいで自動的にアプリケーションエラーを収集でき、チームはリアルタイムで問題を見つけ対処することができます。

始めよう

エラーを収集

プラットフォーム、デバイス、ビルドのエラーを統合します。

リアルタイムで反応

発生したエラーが、リアルタイムで自動的に収集、表示されます。

迅速に処理

優先度の高い問題を見つけ、ドリルダウンし、直ちにデバッグを開始します。

仕組み

有効化して

数秒でセットアップ。SDKやプラグインは不要です。

収集し

エラーをリアルタイムで自動収集します。

優先度付けして

単一ダッシュボードにエラーをすべて表示します。

反応する

問題を詳しくレビューしてデバッグを開始します。

Unity Performance Reporting の最新機能を使ってみよう

Performance Reporting は Unity Plus と Pro に含まれています。

Unity Plus

Performance Reporting が含まれます

詳細を見る

Unity Pro

Performance Reporting が含まれます

詳細を見る

よくある質問

プラグインからネイティブ統合にアップグレードする方法を教えてください。

Performance Reporting が動作する Unity のバージョンを教えてください。

Performance Reportingは、どのようなエラーを収集しますか?

OK

弊社の Webサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。 詳細はこちらをクリックしてください。