Unityの検索機能

ProBuilder もご確認ください

Unity エディターなら迅速にレベルデザイン、プロトタイプ、テストプレイを行えます。

始めよう

Unity エディターでのワールド構築

Unity に統合された ProBuilder は、3D モデリングツールとレベルデザインツールをユニークな形で組み合わせたハイブリッドツールです。シンプルなジオメトリの作成に最適化されているツールですが、細かな編集や UV 展開を行うこともできます。

ProBuilder を使用すると、構造、複雑な地形、乗り物、武器のプロトタイプをすばやく作成したり、カスタム衝突ジオメトリ、トリガゾーン、またはナビメッシュを作成できます。

また、デジタルコンテンツ制作ツール(Maya など)とシームレスに行き来できる機能を利用して、お気に入りのツールでディテールをさらに作り込みモデルに磨きをかけることもできます。

ハイライト動画を見る

ProBuilder で制作されたゲームをご紹介

『SUPERHOT』、『Tacoma』、『Tunic』、『Manifold Garden』、『Super Lucky’s Tale』、『DESYNC』など、数多くの Made with Unity ゲームで ProBuilder によるモデリングとレベルデザインが利用されています。

主な機能

押し出しと差し込み

面やオープンエッジを選択し、Shift を押しながら移動、回転、拡大/縮小すると、押し出しや差し込みを行えます。

オブジェクトをあらゆる形に成形することが可能です。

複数の面やエッジを一度に押し出すこともできます。また、選択したオブジェクトのすべての面の法線を反転させることが可能です。これは、モデルの外側の形状を内部空間に変換するときに特に便利です。Mirror アクションを使用すると、まったく同じコピーや対称形のアイテムを作成できます。片側を作成してからミラーして、両側を結合すれば、完全に対称な形になります。

汎用的なポリシェイプ

ポリシェイプは作成後、制御点やその他の設定をどの段階でも編集できます。

シーンビューで、クリックして制御点を追加していきます。そうすると、メッシュの外側の境界が形成されます。制御点の配置が終わったら、エンターキーを押して形状を確定します。最初の作成ステップを終えた後でも、ポリシェイプは変更が可能です。クリックしてドラッグすることで既存の制御点を移動したり、新しい制御点を追加または削除したりできるほか、法線を反転させることもできます。

動的ユーザーインターフェース

必要に応じてツールバーをカスタマイズしたり、現在の編集モードや選択中の要素に合わせて、「スマートツールバー」である ProBuilder ウィンドウを利用したりできます。

初期設定やショートカットキーの変更、ツールバーのサイズ変更、テキストモードとアイコンモードの切り替えを行えます。アイコンやテキストコンテンツは、ProBuilder ウィンドウの大きさに合わせて最適な形で配置されます。

ツールバーは、ツールをすぐに選べるように種類別に色分けされています。オレンジはツールパネル、青は選択ツール、緑はオブジェクトアクション、赤はジオメトリアクション(頂点、エッジ、面)を表します。

ほとんどの ProBuilder ウィンドウは、コンテキストメニューを使ってドッキング状態から浮かせた状態(またはその逆)に変更することができます。

シーン内 UV 制御

ProBuilder は、投影モード、UV 結合、シームコントロール、要素のピボットなど、手動での展開や詳細な制御を行うのに必要なものをすべて備えた UV エディターウィンドウを搭載しています。

ProBuilder のテクスチャマッピングを使うと、オブジェクトへのマテリアル(テクスチャ)の適用のほか、オブジェクトの UV のオフセット、回転、タイリングの調整を簡単に行えます。ProBuilder では、自動と手動のテクスチャリング方法を使用できます。

自動 UV:シンプルなテクスチャリング作業の場合はこの方法を使用します。特にアーキテクチャに関するアイテムやハードサーフェスのアイテムなどに適しています。タイリング、オフセット、回転などのコントロールを利用できます。ProBuilder は自動的に投影を処理し、作業者による変更を反映します。

手動 UV 編集:フル機能の UV エディターを使い、UV の展開と編集、UV テンプレートのレンダリング、UV の投影などを正確に行えます。

自動 UV と手動 UV は同じオブジェクトに対して組み合わせて使うこともできます。これは、モデルのある部分にタイリングテクスチャが必要なのに対して他の部分は展開されている場合に特に便利です。

プロシージャルシェイプ

シリンダーや階段などの編集可能な形状を新しく作成できます。各形状には固有のプロパティーがあり、そのプロパティーは作成前にカスタマイズすることが可能です。

たとえば、階段の形状では、ステップの高さ、カーブ、作成する要素などを選択できます。形状を選択したら、高さ、幅、奥行き、段数など、固有のパラメーターを設定します。作成できる形状には、コーン、アーチ、パイプ、階段、ドア、シリンダー、スプライトなど、多くのものがあります。

頂点カラーリング

個々の面にオーバーレイカラーを素早く適用できます。また、頂点カラーリングは初期段階のマップテストやチームの担当領域の指定を行う場合に、特に便利です。

ProBuilder を利用すれば、頂点を使ってできることが広がります。たとえば、頂点間の距離にかかわらず、選択したすべての頂点を 1 つの点にまとめたり、設定した距離内で頂点を結合したりできるほか、選択した頂点を結ぶ新しいエッジを作成したり、1 つの頂点を別々の頂点に分割し、それぞれを独立して動かせるようにしたりできます。

ProGrid も提供中

ProGrid では、3 つのすべての軸にスナップする視覚的かつ機能的なグリッドを使用できます。ProGrid を使うと、スピードと品質が高めることができるため、レベルの作成をきわめて素早く簡単に、かつ正確に行えます。モジュラー環境やタイルベースの環境に特に便利ですが、あらゆる種類の作業でワークフローを大幅に加速し、品質を向上させます。

ProBuilder と ProGrid を組み合わせることで、ジオメトリをさらに素早く正確に作成することができます。

ProBuilder を使ってみましょう

ProBuilder を入手する

ProBuilder は Unity 2018.1 パッケージ管理に含まれています。こちらのリンクから手順を確認し、アクティベートしてください。

Unity 2017.x をご利用の方は、次で提供されているバージョンをご利用ください:アセットストア.

ドキュメント

Refer to the ドキュメントを参照し、チュートリアルをチェックしてください.

その他のワールド構築用ツール

ぜひ Polybrush.

OK

弊社の Webサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。 詳細はこちらをクリックしてください。