Unity 5.1.4 (Japanese)

Unity 5.1.4 がリリースされました。Unity 5.1.4 に加わった最新の機能は、パフォーマンス改善や多くの修正をもたらしています。詳細については、以下のリリースノートをご覧下さい。このバージョンは 5.1 シリーズの最終バージョンになります。今後は、毎週・毎月リリースされる 5.2.x シリーズに焦点を当てていきます、

以前の主なリリースノートの詳細については、Unity 5.1 Release Notesをご覧下さい。

さっそく、アップデートしましょう!

Unity は初めてですか? 始めよう

リリースノート

改善点

  • ダウンロードした Asset Store パッケージを解読するときのプログレスバーを追加
  • iOS: iPad の起動画面のサポートを追加

変更点

  • iOS: 起動画面をスプラッシュ画像のプライマリー ソースとして使用するよう変更

修正点

  • (none) - Analytics: Android の READ_PHONE_STATE パーミッションに関する問題を修正
  • (710044) - Android: ARM big.LITTLE デバイス上で Physics のパフォーマンスにスパイクが発生する問題を修正
  • (717028) - Android: 低レベル ネイティブ プラグイン インターフェースを使用するときのレンダリングに関するリグレッションを修正
  • (712386) - Android: いくつかの PowerVR 544 デバイスでクラッシュする問題を修正
  • (705138) - Android: スクリプトでネットワーク関連のものを呼びださなくても INTERNET パーミッションが付加されてしまう問題を修正
  • (678003) - Android: 180度回転させたときに、デバイスに作用するセンサー補償問題を修正
  • (699455) - Android: 一部のデバイスで Screen.dpi がより正確な値を返すよう改善
  • (none) - Android: GLES API レベルを調べるときにログにいくつか egl エラーが出力されていたのを削除するように修正
  • (708088) - Animation: シーンを保存したときにアニメーションウィンドウがまだ記録モードになっていた問題を修正
  • (719416) - AssetBundle: いくつかの AssetBundle で内部に同じ名前を持つために発生する問題を修正
  • (718243) - AssetBundles: ターゲットプラットフォームを元にしてアセットバンドルに関連付けられたハッシュの計算を修正
  • (721582) - BlackBerry: Cloud Project ID が設定されたときにデバイスがインターネットの接続を待つときにハングしてしまう問題を修正
  • (724234) - BlackBerry: OnApplicationFocus は、正しい値を扱えるよう修正
  • (671844), (676419), (694332), (702955), (713785), (714013) - Direct3D 11: Direct3D 11 のライブラリ関連で、時折クラッシュして終了してしまう問題を修正。これは、通常 Nvidia のドライバが実行されていて、"d3d11.dll_unloaded" のエラーレポートが見つかったときに発生します。
  • (687656), (693423) - Editor: (画面いっぱいに表示する)フルスクリーンカメラが存在しない場合、ゲームビューに警告を表示するように変更
  • (707328) - Editor: パッケージをインポートするときにコンソールにシェーダー GUI エラーが発生していた問題を修正
  • (721563) - Editor: Unity 5 で Project ウィンドウが重くなっていた問題を修正
  • (704016) - Editor: Import Settings で None に設定されたときに BlendShape の法線がインポートされない問題を修正
  • (701240) - Editor: 再生モード中にエディターを終了させたときに Quality Settings が正しく保存されるよう修正
  • (711044) - CacheServer: 'nc -zv' コマンドでクラッシュする問題を修正
  • (722983) - フルスクリーンモードのネイティブのデスクトップ解像度を上げるときにレンダーの位置が壊れてしまう問題を修正(Direct3D 9 とd Direct3D 11)
  • (719494) - Graphics: GetNativeTextureID のリグレッションを修正
  • (708072) - OpenGL: OpenGL をターゲットとしてコンパイルするときにシェーダーのコンパイラーがクラッシュしていた問題を修正
  • (689461) - IL2CPP: リフレクションを介してデフォルトパラメーターの値にアクセスするサポートを追加
  • IL2CPP: T[] を IList にキャスト(BaseT は T の基底クラス)で正しく動作しなかった問題を修正
  • (723439) - IL2CPP: ジェネリック インターフェースを継承した struct で正しい C++ コードを生成できるよう修正
  • (705898) - IL2CPP: JsonFX ライブラリで発生する "not implemented on non-abstract class" エラーが正しく発生するよう修正
  • (719084) - IL2CPP: unsigned integer から float の単項マイナス演算子へ変換するときにエラーが発生し正しく変換されなかった問題を修正
  • (715965) - IL2CPP: ソケットエラーのアサートを修正
  • (712553) - IL2CPP: 32 ビット デバイス上で 64 ビットのインタロックされた操作を使用するときのエラーを修正
  • (716138) - IL2CPP: ExplicitLayout の構造を固定に関する問題を修正
  • (721435) - IL2CPP: 間接的にマルチレベルのポインターを読み込むよう修正
  • (718696) - IL2CPP: unsafe なポインタを struct に割り当てていた問題を修正
  • (721329) - IL2CPP: 起動時の型の初期化の実行を減らすことによって、さまざまなパフォーマンス問題を解決
  • (700792) - IL2CPP: Math.Round メソッドで正しく丸め込み(銀行丸め)が行えるよう修正
  • (722375) - IL2CPP: 値が参照型のときに KeyValuePair の ToString メソッドで NullReferenceException が発生する問題を修正
  • (722433) - IL2CPP: 明示的なleave命令を伴うtryブロックの直後のブロックが不要と判断されてしまうのを修正
  • (715013) - IL2CPP: TZ4NET アセンブリを使用したときに発生する "MissingMethodException: No constructor found for System.Resources.RuntimeResourceSet::.ctor(System.IO.UnmanagedMemoryStream)" を防ぐよう修正
  • (716991) - IL2CPP: 名前によるクラスの取得を高速化
  • (701951) - iOS: Xcode 6.4.0 をサポート
  • (708506) -iOS: Unity が生成する Xcode プロジェクトの mod_pbxproj.py 問題周りが動作するように修正
  • (723961) - iOS: 特定のスプラッシュスクリーンが初期ビルド後に変更されたとき Append でリグレッションが発生していた問題を修正
  • (677907) - iOS: OpenGL ES と Siri を重ねあわせた時の相互運用に関する問題を修正
  • (718387), (720698) - iOS: 最初のフォントが特定のフォントコレクションと、処理できずに OS によって識別される代替のフォントから読み込む場合のみシステムが iOS 9 でのダイナミックフォントをサポートするよう修正
  • (708549) - iOS: インスタンスの参照を維持していないときに WWW がクラッシュしてしまう問題を修正
  • (720016) - iOS: いくつかのケース(ネットワークが利用不可など)で WWW がエラーをレポートしない問題を修正
  • (none) - iOS/IL2CPP: IPv6 に関する実装を終えました
  • (717058) - Il2CPP: 明示的にパッキングする構造の Marshal.OffsetOf の動作が正しくなるよう修正
  • (712929) - iOS/IL2CPP: Epsilon の比較に関する問題を修正
  • (661630) , (690171) - IL2CPP: デフォルトコンストラクタついた属性を取得する CustomAttributeData.GetCustomAttributes を実装
  • (706367) - Lightmapping: ライトマップの UV 生成がプラットフォーム間で一致するように修正
  • (721174) - Mecanim: プレハブの破損に繋がる StateMachineBehaviour の参照を持つプレハブは、新規シーンをロードしている間、まれにクラッシュする問題を修正
  • (713552) - Mecanim: 適切な Transition が Transition Inspector に表示されない問題を修正
  • (720436) - Networking: MinUpdate のタイムアウトを 0 に設定できるように修正
  • (719156) - Networking: シーンオブジェクトの NetworkTransform が同期されない問題を修正
  • (721499) - Networking: クライアントが切断されたときにサーバー上で 'aissp' エラーが発生していた問題を修正
  • (718824) - Networking: Fixed: メッセージの長さを正しくチェックしていなかった問題を修正
  • (718822) - Networking: MinThreadAwakeTimeout を 0 にできるよう修正
  • (718027) - Networking: オブザーバーとして準備のできていないネットワークコネクションを追加するのを防ぐよう修正
  • (none) - OpenGL ES: テクスチャの 1x1 ミップレベルが missing だった問題を修正
  • (708698), (719654) - OpenGL: OSX スタンドアロンがクラッシュする問題を修正
    • OpenGL: GLSL の精度修飾子を使用するときに発生していたシェーダーのコンパイルエラーを修正
  • (718886) - OSX: 起動時に Mono によってクラッシュしてしまう問題を修正
  • (682891), (694906), 707865) - Physics: ホイールコライダーで発生していたクラッシュを修正
  • (721704) - Physics: SliderJoint2D の Motor Speed で 5.1.1p3 への下位互換性に関する問題を修正
  • (718787) - Plugins: エディターが「ネイティブプラグインが自身と衝突している」と誤った報告をする問題を修正
  • (716978) - Profiler: レンダリングの詳細統計情報に関する修正Unity 5 から仕様が変更されたため、表示していた Draw Calls と Total Batches の統計情報が逆になっていました。
  • (704481) - Samsung TV: AudioImporter.ContainsSampleSettingsOverride に "Samsung TV" を渡したときに "Unknown Platform" エラーが発生してしまう問題を修正
  • (717774) - Samsung TV: 開発ビルドで不適切なセキュリティーに関するエラーがレポートされる問題を修正
  • (716161) - Shaders: HLSL シェーダーのコンパイル時に SurfIN メンバーの x 成分を 1.0 にすることにより、x 成分 が 0 のときに floating point の除法で問題が生じていたのを修正
  • (699695) - Profiler: 手動でレンダリングしたとき、プロファイラーの統計に表示するよう修正
  • (none) - SpritePacker: ハッシュ生成にバグがあったせいで Sprite Packing が不規則に呼びだされていた問題を修正
  • (706040) - TreeEditor: UI が壊れてしまうリグレッション
  • (none) - UI: パラメーター必須の GetMousePointerEventData が互換性を破る変更であったのを修正
  • (none) - VR: GearVR と OSX の最新のプラグインが安定するガベージ レンダリングび関する問題を修正
  • (711316) - VR: ポイントライト レンダリングの Deferred レンダラーに関する問題を修正
  • (722915), (723184) - VR: リニア ライティングのリグレッションと Windows でのアンチエイリアシングに関する問題を修正
  • (721198) - VR: レンダースケールのリグレッションを修正- (721198) - VR: レンダースケールが GearVR で適切に動作するよう修正
  • (none) - VR: 全体的な安定性を向上
  • (719328) - WebGL: Windows で "sanity check error" エラーでビルドに失敗するのを修正
  • (723338) - WebPlayer: 無効なファイルロックでクラッシュしてしまう問題を修正
  • (none) - Windows: SystemInfo.operatingSystem は Windows 10 上で正しい値を返すように修正
  • (none) - Xbox One: Xbox One でコンピュートシェーダーに関する問題を修正
Unity 5.1.4 (Japanese)

クイックジャンプ

    Back to Top