Unityの検索機能

Unity: オープン・ベータ版

次のフルリリースで追加される機能に早期アクセスして、プロジェクトの互換性をテストし Unity の未来を形作るエキスパートのコミュニティに参加します。

オープンベータ版プログラムに参加

どんな特典があるの?

  • 公式にリリースされる前に、すべての最新機能への先行体験ができる
  • 互換性をテストしてプロジェクトをアップグレードする準備ができていることを確認する
  • エキスパートに加わり Unityコミュニティの経験豊富なメンバーと洞察を共有する
  • クールな賞を獲得—ベータテスターは自動的にUnityの懸賞に応募
  • 調査、フィードバックや討論会に招待されるチャンスを得てUnityの未来に影響を与える
  • 割引やスペシャルイベントへの招待など、特典を受ける企業グループに参加できる

何が期待できるの

他のベータ版プログラム同様に、まだ開発中の機能に早期にアクセスできます。つまり、最終バージョンより安定性が低い Unity を体験することです。ベータ版のテストは、最新版のリリースの数週間後に行われて、最終リリースの数週間前に終了します。いくつかのベータ版は、そのサイクルの間に入手できます。

ヒントと通知を入手する

サインアップすると、新しいバージョンが利用できるようになったときに通知が送られるだけでなく、効果的なベータテスターになるためのヒントももらえます。

この 効果的なベータ―テスターになるためのガイド を参照して初めから上手くやろう

すべての Unity ユーザーが入手できる

ベータ版は、Personal Edition ユーザーを含め、すべての Unity ユーザーに無料で提供されています。 リリースノートセクションには、リリースに含まれるすべての新機能、改善点、バグの修正について、すべて網羅したリストがあります。

役立つツールとガイド

Issue トラッカー

どのバグが最も困らせましたか? 私たちが再現することに成功したものを表示し、早急に修正を確認したいバグに投票します。

バグを追いかける
ベータ版用テストガイド

本ガイドを使うと、テストのための最も重要な情報をより簡単に提供することができます。

素晴らしいベータテスターになる
Beta フォーラム

Unity コミュニティフォーラムで開発者に加わり、実験やベータ版のプレビューに関するフィードバックを与えたり、情報を交換しましょう。

フォーラムに参加

2018.2 ベータ版提供開始!

Unity は、アーティストとデザイナー向けに新しく、改良された統合ツールを引き続き提供し、チームがエディターで他のアーティストツールを使用して連携を図り、より良く作業できるお手伝いをします。Unity 2018.2 ベータ版では、改善されたワークフローから強力なリアルタイムレンダリングエンジンまで、全体的に改善が加えられました。

に参加することで、これらの機能への先行体験ができます。 オープンベータ版.

開発における他の機能

また、開発の初期段階でも機能を利用することができるので、最終的なフォームにさらに大きな影響を与えることができます。  Unity GitHub、2018.1b Package Manager、もしくはエディターの実験的なビルドのいずれかを使って機能にアクセス可能です。 詳細については、以下のリンクからご覧ください。

  • Unity Hub (プレビュー版)
  • 2D Experimental Preview
  • Graphics Experimental Previews
  • Linux Editor
  • Particle System Previews
  • New Input System
  • Experimental Scripting Previews
  • Editor ワークフロー
  • アセットバンドル
  • VFX Toolbox
  • AI & Navigation Previews
  • Physics Previews
  • LiveTune
  • ML-Agents

Unity Hub (プレビュー版)

Unity Hub は、ワークフローを合理化するために設計された新しいデスクトップアプリケーションです。Unity Hub を使えば、Unity プロジェクトを1つの場所で見ることができ、インストールしたさまざまなバージョンの Unity Editor を管理、ダウンロードするといった手間を減らすことができます。加えて、新しいテンプレート機能など、より早く開始できる機能を発見するのにも役立ちます。

詳細を見る

2D Experimental Preview

開発中にディスカッションやフィードバックを通じて開発に参加する実験的な新しい2D機能

詳細を見る

Graphics Experimental Previews

Experimental Graphics Previews 機能のフィードバックについて。 現在プレビュー実行は、修正されたMixed Lightingモードのビルドです。

詳細を見る

Linux Editor

Linux 版 Unity Editor の試験的ビルドに関するバグやフィードバックについて

詳細を見る

Particle System Previews

実験的な新機能 Particle System Previews に関するフィードバックについて

詳細を見る

New Input System

実験的な新しいインプットシステムに関するフィードバックについて

詳細を見る

Experimental Scripting Previews

実験的な Scripting Previews版に関するフィードバックについて。現在のプレビュー実行: C# Compiler

詳細を見る

Editor ワークフロー

ワークフローの追加とUnityのエディターでデザインが可能。

詳細を見る

アセットバンドル

実験的なアセットバンドルのプレビューに関するフィードバックについて。

詳細を見る

VFX Toolbox

実験的な機能、VFX Toolbox ユーティリティのフィードバックについて。 現在のプレビュー実行は Image Sequencer です。

詳細を見る

AI & Navigation Previews

実験的な機能、AI & ナビゲーションプレビューに関するフィードバックについて。

詳細を見る

Physics Previews

実験的なPhysics(物理演算)プレビューのフィードバックについて。 現在プレビューの実行は、Physics Debug Visualizationです。

詳細を見る

LiveTune

LiveTuneを使用すると、各デバイスのグラフィックスクオリティをリアルタイムで調整し、最高のユーザーエクスペリエンスが可能です。実世界のデータを使ってイテレーションと最適化を繰り返すことで、LiveTune はアプリのパフォーマンスを最大限に引き出し、ユーザーのエンゲージメントとリテンションを高めます。

詳細を見る

ML-Agents

Unity Machine Learning Agents(ML-Agents)は、ゲームやシミュレーションをインテリジェントエージェントのトレーニング環境として使用できるオープンソースのUnityプラグインです。Agentsは、強化学習、模倣学習、Neuroevolution(機械学習の手法)、または他の機械学習方法を使用してPython APIを利用して簡単にトレーニングすることができます。また、ゲーム開発者やホビイストが2D、3D、VR/agentsARゲームの知的エージェントで容易に学習できるよう、最先端のアルゴリズム(TensorFlowを基に)を実装しています。これらのトレーニングされたエージェントは、NPCのビヘイビア(マルチエージェントや敵対的など、多様な設定)の制御を含め、ゲームビルドの自動テスト、公式リリース前のさまざまなゲームデザインの決定の評価など、複数の目的に使用できるものです。ML-Agents はAIの進歩がUnity の豊かな環境で評価されるよう、より幅広いリサーチとゲーム開発者コミュニティにアクセスできるようにする中核的なプラットフォームを提供するため、ゲーム開発者とAI研究者相互にとって双方に有益なものです。

詳細を見る

Related news

{{ post.title.rendered }}

{{ post.excerpt.rendered | truncate(200) }}

詳細を見る

試してみよう

最新機能が試用できるベータ版プログラムにご参加ください

Unity 2018.1b を入手
OK

弊社の Webサイトは最善のユーザー体験をお届けするためにクッキーを使用しています。 詳細はこちらをクリックしてください。